「最新」大名倒産はネトフリ(ネットフリックス)?vodサブスク情報まとめ

5.0
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

【最新vod】大名倒産はnetflixで無料動画配信で観れる?

先に結論を言ってしまうと大名倒産はU-NEXTと言う動画配信サービスで観ることが出来ます。

そのためネットフリックで視聴することができません。

また実質無料で大名倒産を観れます

本来であればレンタル料399円(税込)発生しますが、

初回登録すると特典で600ptがもらえるので、

ポイントを利用してレンタルすることで、実質無料で大名倒産が観れます。

U-nextの特徴について

月額料金2,189円(税込)
無料お試し期間31日間
初回登録特典600ポイント
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
見放題作品数24万本以上
ポイント作品3万本以上
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
無料期間中の解約無料

U-next最大のメリットは24万本以上見放題作品であると言うこと。

話題のアニメや映画、ドラマ等あるゆるジャンルを網羅しているため、U-nextに登録しておけば間違いないと思います。

ちなみに初回特典で600ptがもらえるのですが、話題の新作映画や漫画などの有料作品に使う事ができます。

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/
\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/

本ページの情報は2023年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTの無料会員登録の方法ついてはこちらをタップ←
U-NEXTの解約方法ついてはこちらをタップ←

ここまでのまとめ

  1. ネットフリックスで視聴できるが無料トライアルがないので損
  2. U-nextでは無料トライアルでお試し視聴出来る
  3. 無料トライアル中は料金は発生しない
  4. U-nextでは無料トライアル中に解約をすれば一切料金は発生しない

大名倒産の気になることまとめ

『大名倒産』はなぜ見るべき?映画の見どころをプロのライターが解説!

『大名倒産』とはどんな映画?

『大名倒産』は、人気作家・浅田次郎のベストセラー小説を映画化した作品です。 時は江戸時代。越後・丹生山藩の役人の息子だった間垣小四郎(神木隆之介)は、突然、自分が徳川家康の子孫である丹生山藩主の跡取りだと告げられます。 しかし、その裏には、実の父である一狐斎(佐藤浩市)の陰謀がありました。 一狐斎は、藩が25万両(現在の価値で約100億円)の借金を抱えていることを小四郎に隠し、借金の返済日に藩の倒産を宣言して踏み倒す計画を立てていたのです。 そして、その責任を小四郎に押し付けて切腹させようとしていたのです…。 小四郎は、借金の返済か切腹かの二択に迫られますが、自分なりの方法で藩を立て直そうとします。 その方法とは、藩の財政を公開し、藩民に協力を求めるというものです。 これは、江戸時代においては前代未聞のことであり、小四郎は多くの反対や困難に直面します。 しかし、小四郎は、藩民の信頼を得るために、自らの身を削って藩のために尽くします。 その姿に感動した藩民は、小四郎に協力し、藩の再建に努めます。 そして、返済日の前日に、小四郎は、驚くべき行動に出ます。 それは、藩の全ての土地を売却し、その代金で借金を返済するというものです。 これにより、小四郎は、一狐斎の罠を回避し、藩を救います。 しかし、その代償として、小四郎は、藩主の座を失い、庶民に戻ります。 それでも、小四郎は、幼なじみのさよ(杉咲花)、兄の新次郎(松山ケンイチ)、育ての父の作兵衛(小日向文世)らの協力を得て、幸せに暮らします。

『大名倒産』の魅力はどこにある?

『大名倒産』の魅力は、以下の3つにまとめられます。

  • 豪華キャストの熱演 『大名倒産』には、神木隆之介を筆頭に、日本映画界のトップスターが勢ぞろいしています。 それぞれが個性豊かな役柄に見事になりきり、時には笑わせ、時には感動させてくれます。 特に神木隆之介は、連続テレビ小説「らんまん」での演技が評価されたばかりで、本作ではキャリア初のちょんまげ姿に挑戦しています。 庶民から藩主になったという異色の設定にもかかわらず、自然な演技で小四郎の成長と苦悩と愛情を表現しています。 また、杉咲花は、小四郎の幼なじみであり恋人であるさよ役で、清楚で可憐な魅力を発揮しています。 さよは、小四郎の危機にも勇気を持って立ち向かい、彼を支える強さと優しさを持った女性です。 松山ケンイチは、小四郎の兄であり庭造りの天才である新次郎役で、コミカルな一面とシリアスな一面を見せています。 新次郎は、小四郎に対して兄としての愛情と嫉妬とを抱えながら、彼の危機を救うために奔走します。 佐藤浩市は、小四郎の実の父であり計画倒産を目論む一狐斎役で、悪役としての貫禄と魅力を発揮しています。 一狐斎は、小四郎に全ての責任を押しつけて切腹させようとする冷酷な人物ですが、同時に彼に対して父としての愛情も持っています。 その複雑な感情を見事に演じ分けています。 その他にも、小日向文世、小手伸也、桜田通、宮崎あおい、梶原善、勝村政信、石橋蓮司、高田延彦、藤間爽子、カトウシンスケ、秋谷郁甫、ヒコロヒー、浅野忠信など、豪華なキャストが脇を固めています。

  • 笑いと涙と感動のストーリー 『大名倒産』は、浅田次郎の小説を原作としていますが、映画化にあたっては、原作とは別物として楽しめるように、ストーリーの展開や結末が変更されています。 その結果、映画は、笑いと涙と感動のバランスが絶妙なエンタテインメント作品に仕上がっています。 映画は、小四郎が藩主としての役割を果たすために奮闘する姿は、観る者の応援心をくすぐります。 また、小四郎とさよの純愛や、小四郎と新次郎の兄弟愛や、小四郎と作兵衛の親子愛など、人間関係の描写も心温まります。 そして、映画のクライマックスでは、小四郎が藩を救うためにとった驚きの行動と、その結果として訪れる感動的な結末が、観る者の涙を誘います。 『大名倒産』は、笑って泣いて感動できる、まさにエンタテインメント時代劇と言えるでしょう。

  • 美しい映像と音楽 『大名倒産』は、映像と音楽の面でも魅力的な作品です。 映像は、松竹撮影所で撮影された本格的な時代劇の風景や、新次郎が造る美しい庭園や、仙藤利右衛門が仕掛ける華麗な花火など、目を楽しませてくれます。 また、音楽は、映画音楽の巨匠・久石譲が担当しており、映画のシーンに合わせて、壮大で感動的なオーケストラや、軽快で楽しい和楽器や、切なくて美しいピアノなど、多彩な楽曲を奏でています。 『大名倒産』は、映像と音楽の調和が素晴らしく、観る者の感情を高めてくれます。

    『大名倒産』は、浅田次郎のベストセラー小説を映画化したエンタテインメント時代劇です。 庶民から藩主になった小四郎が、藩を救うために奮闘する姿を、豪華なキャストと美しい映像と感動的な音楽とで描いています。 『大名倒産』の魅力は、小四郎の奇策と結末や、新次郎の庭園と花火や、時代劇の魅力とエンタテインメント性などにあります。 『大名倒産』は、笑って泣いて感動できる、まさにエンタテインメント時代劇と言えるでしょう。


大名倒産の気になることまとめの記事はAIに書いてもらった記事となります。
参考程度に見てください。

(AIの回答には誤りが含まれることがあります。ご注意ください。)

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/

コメント

タイトルとURLをコピーしました