ライザのアトリエ(アニメ)がつまらないと言われてる理由について

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

本記事ではライザのアトリエ(アニメ)はつまらないと言うキーワードが検索されているので調べてみました。

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」はつまらないのか?感想と評価

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は、人気RPGゲームシリーズ「アトリエ」の最新作を原作とした作品です。2023年4月から放送されていますが、視聴者からは賛否両論の声が上がっています。一体どんなアニメなのでしょうか?この記事では、アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」のあらすじと感想、評価を紹介します。

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」とは?

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は、「等身大の少年少女のほんのちょっとの成長」をコンセプトにしたファンタジー作品です。主人公は、どこにでもいるような普通の少女・ライザです。退屈な村で暮らす彼女は、気の置けない仲間たちと一緒に冒険に出かけます。そこで出会った錬金術や新たな仲間たちとともに、忘れられないひと夏を過ごすことになります。

スポンサーリンク

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」はつまらない?

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は、原作ゲームファンからも期待されていましたが、放送開始後には批判的な意見も多く見られました。その主な理由は以下の通りです。

  • 原作ゲームとストーリーや設定が大きく異なる
  • アニメーションや音楽が低品質である
  • 錬金術やバトルシーンが少なく、日常描写が多い

一方で、アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」を楽しんでいる視聴者もいます。その主な理由は以下の通りです。

  • 原作ゲームとは別の視点で物語を楽しめる
  • キャラクターの魅力や成長が感じられる
  • アニメーションや音楽が原作ゲームの雰囲気に合っている
  • 錬金術やバトルシーンよりも日常描写が好きである
スポンサーリンク

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」の評価は?

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は、視聴者の好みによって評価が分かれる作品です。原作ゲームに忠実なアニメを期待していた人には不満が残るかもしれませんが、原作ゲームとは別の物語を楽しみたい人にはおすすめできます。アニメとしての出来は平凡ですが、キャラクターの魅力や成長を見守ることができます。

私個人としては、アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は、原作ゲームをプレイしたことがないため、比較することができません。しかし、このアニメは丁寧愛情を込めて作られているのが伝わってきます。最後まで品質が落ちることなく、楽しく見続けられそうです。

スポンサーリンク

まとめ

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は、原作ゲームファンからも期待されていた作品ですが、放送開始後には賛否両論の声が上がっています。原作ゲームとストーリーや設定が異なることや、アニメーションや音楽が低品質であることなどが批判されています。一方で、原作ゲームとは別の視点で物語を楽しめることや、キャラクターの魅力や成長が感じられることなどが評価されています。視聴者の好みによって評価が分かれる作品です。

みんなの感想

私はゲームプレイ済みのファンとして、アニメ化を楽しみにしていましたが、見てみると稚拙な脚本演出作画に驚きました。韓国や中国のアニメかと思うほど酷い内容でした。

  • 主人公の行動には脈絡がなく、ただ思いつきで動いているように見えました。例えば、乗ってきた小舟は誰かの所有物だと思いますが、島に帰るときに放置してしまいました。それは盗難ですよね。
  • 錬金術師の試練も唐突でした。いきなり錬金術師になれるなら、誰でもなれますよね。ゲームではもっと訓練試験がありました。
  • 戦闘シーンの作画も残念でした。キャラクターの動きが不自然で、迫力がありませんでした。OPのレントが倒れたシーンでは、おっさんに見えました。
  • キャラクターのデザインも微妙でした。女の子も可愛くなく、男の子もカッコよくなく、ボスも不細工でした。ゲームではもっと魅力的なキャラクターでした。
  • 私はこのアニメには苦痛を感じました。ストーリーはゲームで知っているので懐かしさを感じましたが、それだけでは満足できませんでした。このアニメはゲームのファンにも新規の視聴者にもおすすめできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました