ライザのアトリエ(アニメ)は作画崩壊しているのか?

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

アニメ「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は作画崩壊しているのか?

作画崩壊とは

アニメや漫画などの作品で、キャラクターや背景などの絵が原作や設定と大きく異なる、または不自然に歪んだりぼやけたりすることを作画崩壊と呼びます。作画崩壊は、制作スタッフの技術不足や時間や予算の制約などが原因で起こることが多く、視聴者やファンから批判されることがあります。

スポンサーリンク

「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」の作画崩壊事例

このアニメは、2023年夏に放送が開始された「アトリエ」シリーズの人気ゲームを原作とするもので、ライデンフィルムがアニメーション制作を担当しています。原作ゲームはグラフィック表現が一層強化された美しい世界を描いており、アニメもそれに忠実に再現することが期待されていました。

しかし、放送が始まってからは、キャラクターの顔や体型が不安定だったり、背景やエフェクトが粗雑だったりする場面が多く見られました。以下にいくつかの例を挙げます。

  • 主人公のライザや仲間たちの表情や動きがぎこちなく、目や口が歪んだり消えたりしているシーンが話題になりました 。以下はその一部です。
  • 作画の質は安定せず、時々キャラクターが別人のようになったり、する場面がありました 。以下はその一部です。

これらの事例から、「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は作画崩壊していると言えるでしょう。

スポンサーリンク

作画崩壊の原因と推測

では、なぜこのような作画崩壊が起こったのでしょうか?その理由については、制作スタッフや関係者から公式な発表はありませんが、一般的に考えられる要因としては以下のようなものがあります。

  • 原作ゲームのグラフィックレベルが高すぎて、アニメで再現することが困難だった。
  • アニメ化にあたって原作ゲームと異なるデザインや設定を採用したため、統一感や一貫性が失われた。
  • アニメ制作にかかる時間や予算が不足しており、納期に間に合わせるために手抜きや妥協をした。
  • アニメ制作に携わったスタッフの技術力や経験が不足しており、作画のクオリティを保つことができなかった。
  • アニメ制作における監督や作画監督などの指揮や管理が不十分であり、作画のチェックや修正が行き届かなかった。

以上のような要因が、作画崩壊の原因となった可能性が高いと考えられます。しかし、これらの要因はすべて推測に過ぎず、真相は制作スタッフや関係者にしかわかりません。したがって、作画崩壊を批判する際には、事実に基づいた客観的な根拠を持つことが重要です。

スポンサーリンク

私の感想と見方

感想としては、「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は作画崩壊していると言わざるを得ないと思います。原作ゲームのファンとしては、アニメで見たかった美しい世界や魅力的なキャラクターが、作画崩壊によって台無しにされてしまったことに残念な気持ちになりました。また、アニメで初めてこの作品に触れた人にも、作画崩壊は悪い印象を与えてしまうと思います。作画崩壊は、ストーリーや音楽など他の要素が素晴らしくても、視覚的なインパクトが強いために、作品全体の評価を下げてしまう恐れがあります。

しかし、それでも私はこのアニメを最後まで見るつもりです。なぜなら、作画崩壊以外の部分では、原作ゲームの魅力を十分に伝えてくれていると感じるからです。ストーリーは原作ゲームに忠実に展開されており、主人公のライザや仲間たちの成長や冒険を楽しく見ることができます。音楽も原作ゲームのサウンドトラックをそのまま使用しており、感動的なシーンや熱い戦闘シーンを盛り上げてくれます。声優も原作ゲームと同じキャストが担当しており、キャラクターの個性や感情を表現してくれます。これらの要素は、作画崩壊によって損なわれることはありません。

私は、「ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」は作画崩壊しているけれども、それだけで全否定することはできないと思います。作画崩壊は確かに目立つ欠点ですが、それ以外の部分では原作ゲームの良さを忠実に再現していると感じます。もちろん、作画崩壊を許容できない人もいるでしょうし、それはそれで正当な意見だと思います。しかし、私はこのアニメを見ることで得られる楽しさや感動を大切にしたいと思います。そして、制作スタッフや関係者に対しても、作画崩壊を批判するだけではなく、努力や苦労を認めて応援したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました