「最新」ロスト・イン・トランスレーションはwowowで見れる?

5.0
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

「最新」映画「ロスト・イン・トランスレーション」wowowで見れる?vodサブスク情報まとめ

先に結論を言ってしまうと下記の通りです

  1. wowowでは視聴出来ない
  2. U-nextであれば31日間の無料トライアルでお試し視聴可能
  3. 無料トライアル期間ならロスト・イン・トランスレーションを視聴しても料金は発生しない
  4. U-nextでは解約をすれば一切料金は発生しない

 

結果的にはwowowは視聴出来ません

しかしU-nextと言う動画配信サービスであれば、31日間の無料トライアルでお試し視聴が可能なのでこの期間中は料金は発生しません。

またこの期間中に解約をすれば一切料金は発生しません

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/


画像引用元:U-next

U-NEXTは国内最大の配信サービスで東証一部上場している超一流企業ため安心して見ることができます。

U-nextの特徴について

月額料金2,189円(税込)
無料お試し期間31日間
初回登録特典600ポイント
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
見放題作品数24万本以上
ポイント作品3万本以上
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
無料期間中の解約無料

U-next最大のメリットは24万本以上見放題作品であると言うこと。

話題のアニメや映画、ドラマ等あるゆるジャンルを網羅しているため、U-nextに登録しておけば間違いないと思います。

ちなみに初回特典で600ptがもらえるのですが、話題の新作映画や漫画などの有料作品に使う事ができます。

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/

ロスト・イン・トランスレーションの動画配信状況まとめ

人気の高い動画配信サイト順に並んでいます。

配信
サービス
配信状況お試し期間/特典
U-next
見放題
31日間無料
600pt付与
TSUTAYA DISCAS
DVDレンタル
30日間無料
ポイント付与なし
宅配DVDレンタル
wowow
配信なし
初月無料
ポイント付与なし
Amazonプライムビデオ
配信なし
30日間無料
ポイント付与なし
Hulu
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし
DMM TV
配信なし
30日間無料
550円
550P付与
Netflix
配信なし
無料期間なし
990円
ポイント付与なし
ロスト・イン・トランスレーションはU-nextとTSUTAYA DISCASにて視聴できますが

「どれに登録しようか迷う方は」

u-next一択です。

U-nextがおすすめな理由

まずはU-nextとTSUTAYA DISCASを比較してみました。

U-nextTSUTAYA DISCAS
月額料金2,189円(税込)2,052円(税込)
無料お試し期間31日間30日間
初回登録特典600ポイントなし
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
新作DVD8本レンタル可能
見放題作品数24万本以上1000本以上
取扱作品数27万本以上35万本以上
月間レンタル可能枚数-新作・準新作:8枚/旧作・まだまだ話題作:借り放題
(※お試し期間中の新作レンタル不可)
ポイント作品3万本以上なし
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビスマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台購入作品に限り2台まで
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
国内ドラマ
海外ドラマ
韓流ドラマ
アニメ
邦画
洋画など
無料期間中の解約無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能
無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能

U-nextとTSUTAYA DISCASの最大の違い視聴出来るまでの時間です。

U-nextはネットで登録がすぐに視聴出来ますが、TSUTAYA DISCASでは宅配レンタルなので視聴出来るまで最大3日かかります。

また在庫がなければ視聴もできません。

よってロスト・イン・トランスレーションを視聴するならU-nextで視聴するのが賢いですね。

そして無料トライアル中に解約をすれば、月額利用料が一切発生しないためかなりお得ですね。

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/
本ページの情報は2024年1月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。
U-NEXTの無料会員登録の方法ついてはこちらをタップ←
U-NEXTの解約方法ついてはこちらをタップ←

ここまでのまとめ

  1. wowowは視聴出来ない
  2. U-nextやTSUTAYA DISCASで視聴出来る
  3. U-nextではすぐに視聴出来るがTSUTAYA DISCASは届くまで待つ必要がある

映画「ロスト・イン・トランスレーション」wowowで見れる?の気になることまとめ

『ロスト・イン・トランスレーション』で感動と笑いを体験しよう!映画の見どころや魅力を詳しく紹介

『ロスト・イン・トランスレーション』は、2003年に公開されたコメディドラマ映画です。この映画は、東京に滞在中のアメリカ人の男女が、言葉や文化の壁を超えて心を通わせていく物語です。監督・脚本はソフィア・コッポラで、主演はビル・マーレイとスカーレット・ヨハンソンです。この映画は、世界中で高く評価され、アカデミー賞やゴールデングローブ賞などの多くの賞を受賞しました。この記事では、『ロスト・イン・トランスレーション』の見どころや魅力を詳しく紹介します。また、映画のあらすじやキャスト、サウンドトラックなども紹介します。『ロスト・イン・トランスレーション』のファンはもちろん、これから観る方にもおすすめの内容です。それでは、早速見ていきましょう。

『ロスト・イン・トランスレーション』の魅力とは?

『ロスト・イン・トランスレーション』の魅力は、やはりそのストーリーとキャラクターです。この映画は、ウイスキーのCM撮影のために来日した元人気俳優のボブと、写真家の夫と一緒に来日したもののほとんど一人ぼっちの若妻のシャーロットという二人のアメリカ人が、同じホテルで偶然出会い、友情を育んでいくというものです。二人は、自分の人生や夫婦関係に不満や迷いを抱えており、孤独感や虚無感に苛まれています。しかし、二人は、東京の街や文化に触れながら、互いに心を開いていきます。二人は、言葉や文化の違いに戸惑いながらも、笑いや感動を共有し、特別な絆を築いていきます。この映画は、二人の微妙な心の動きや、東京の風景や音楽との調和が見事に描かれています。この映画は、コメディとドラマの要素をバランスよく織り交ぜており、観る者の心にさまざまな感情を呼び起こします。この映画は、人生や愛について考えさせられるとともに、笑いや癒しも与えてくれる作品です。

『ロスト・イン・トランスレーション』の見どころを紹介

『ロスト・イン・トランスレーション』には、多くの見どころがあります。ここでは、その中でも特に印象的なシーンやエピソードを紹介します。

ウイスキーのCM撮影

映画の冒頭で、ボブがウイスキーのCM撮影に参加するシーンです。このシーンでは、ボブが日本語が分からないために、監督の指示や通訳の説明に困惑する様子がコミカルに描かれています。例えば、監督が「ボブ、あなたは映画スターです。あなたはウイスキーを飲んで、カメラに向かってニッコリ笑ってください。あなたはとてもクールで、とてもセクシーです。あなたはウイスキーの神様です」と言うと、通訳は「監督は、ウイスキーを飲んで、カメラに向かって笑ってくださいと言っています」とだけ伝えます。ボブは、監督の熱烈な演出と通訳のあっさりした翻訳のギャップに戸惑いながらも、なんとか撮影をこなします。このシーンは、言葉や文化の違いによるコミュニケーションの難しさや面白さを表現しています。

カラオケ

映画の中盤で、ボブとシャーロットが、友人たちと一緒にカラオケに行くシーンです。このシーンでは、ボブとシャーロットが、それぞれ自分の好きな曲を歌って楽しむ様子が描かれています。ボブは、エルヴィス・コステロの「What’s So Funny ‘Bout Peace, Love and Understanding」やロキシー・ミュージックの「More Than This」を熱唱します。シャーロットは、プリテンダーズの「Brass in Pocket」やピーチズの「Fuck the Pain Away」を歌います。二人は、歌を通して、自分の気持ちや個性を表現し、互いに惹かれていきます。このシーンは、音楽の力やカラオケの楽しさを表現しています。

別れのシーン

映画のラストで、ボブとシャーロットが別れるシーンです。このシーンでは、ボブがタクシーに乗って空港に向かう途中で、シャーロットを見つけて、タクシーを降りて彼女に駆け寄ります。二人は、しばらく抱き合って、何かを囁き合います。その後、ボブはタクシーに戻り、シャーロットは涙を流しながら見送ります。このシーンでは、二人が交わした言葉は聞き取れませんが、二人の表情や仕草から、二人の深い感情や切なさが伝わります。このシーンは、映画のクライマックスとして、二人の関係の結末を暗示しています。

映画「ロスト・イン・トランスレーション」のあらすじとキャスト

映画「ロスト・イン・トランスレーション」のあらすじとキャストを簡単に紹介します。

  • あらすじ:ウイスキーのCM撮影のために来日したハリウッド俳優のボブと、写真家の夫の仕事に伴って来日した若妻のシャーロット。同じホテルで偶然出会い打ち解けたふたりは、見知らぬ土地で時間を共有するうちに、いつしか惹かれ合っていく。
  • キャスト:
    • ボブ・ハリス:ビル・マーレイ(声:大塚明夫)
    • シャーロット:スカーレット・ヨハンソン(声:甲斐田裕子)
    • ジョン:ジョバンニ・リビシ(声:森川智之)
    • ケリー:アンナ・ファリス(声:小林沙苗)
    • チャーリー:菊地凛子
    • バンドのヴォーカリスト:キャサリン・ランバート
    • CMの監督:ダイアモンド☆ユカイ
    • CMの通訳:林文浩
    • ホテルの受付:竹下明子
    • ホテルのバーテンダー:藤井隆
    • テレビ番組の司会者:藤原ヒロシ
    • テレビ番組の通訳:HIROMIX

映画「ロスト・イン・トランスレーション」のサウンドトラック

映画「ロスト・イン・トランスレーション」のサウンドトラックは、映画の雰囲気に合わせて選ばれた楽曲が収録されています。映画の中で流れる曲は、主に80年代から90年代のオルタナティブ・ロックやエレクトロニカの曲が多く、映画のテーマである孤独や疎外感を表現しています。また、映画の中でボブとシャーロットがカラオケで歌う曲も収録されています。サウンドトラックのプロデューサーは、映画の音楽も担当したブライアン・レイツェルです。サウンドトラックの収録曲は以下の通りです。

  • Intro / Tokyo – ブライアン・レイツェル
  • City Girl – ケヴィン・シールズ
  • Fantino – セバスチャン・テリエ
  • Tommib – スクエアプッシャー
  • Girls – デス・イン・ベガス
  • Goodbye – ケヴィン・シールズ
  • Too Young – フェニックス
  • Kaze Wo Atsumete – ハッピー・エンド
  • On the Subway – ブライアン・レイツェル
  • Ikebana – ケヴィン・シールズ
  • Sometimes – マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
  • Alone in Kyoto – エア
  • Shibuya – ブライアン・レイツェル
  • Are You Awake? – ケヴィン・シールズ
  • Just Like Honey – ジーザス・アンド・メリー・チェイン

映画「ロスト・イン・トランスレーション」の感想まとめ

映画「ロスト・イン・トランスレーション」は、言葉や文化の違いに戸惑いながらも、心の交流を深めていく二人の男女の物語です。この映画は、コメディとドラマの要素をバランスよく織り交ぜており、観る者の心にさまざまな感情を呼び起こします。この映画は、人生や愛について考えさせられるとともに、笑いや癒しも与えてくれる作品です。映画の美しい映像や音楽、ビル・マーレイとスカーレット・ヨハンソンの素晴らしい演技も見どころです。映画「ロスト・イン・トランスレーション」は、東京を舞台にした名作として、多くの人に観てほしい映画です。

ロスト・イン・トランスレーションの気になることまとめの記事はAIに書いてもらった記事となります。
参考程度に見てください。

(AIの回答には誤りが含まれることがあります。ご注意ください。)

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/

10000

コメント

タイトルとURLをコピーしました