「最新」映画 ジョン・ウィック:コンセクエンスはwowow、tsutayaで見れる?サブスク情報

5.0
本ページはプロモーション(広告)が含まれています
スポンサーリンク

「最新」映画「ジョン・ウィック:コンセクエンス」wowowやtsutayaで見れる?vodサブスク情報まとめ

先に結論を言ってしまうと下記の通りです

  1. wowowでは視聴出来ない
  2. tsutayaでは視聴できるが宅配レンタルなのですぐに視聴出来ない
  3. U-nextであれば動画配信サービスなのでネットで登録後すぐに視聴可能
  4. U-nextでは399円レンタル料金が発生するが初回登録時の特典ポイントを利用することで実質0円視聴可能

 

本来であればレンタル料399円(税込)発生しますが、

初回登録すると特典で600ptがもらえるので、

ポイントを利用してレンタルすることで、お得にジョン・ウィック:コンセクエンスが観れます。

\本日登録すると2024年5月15日まで無料↓/
\600pt付/


画像引用元:U-next

U-NEXTは国内最大の配信サービスで東証一部上場している超一流企業ため安心して見ることができます。

U-nextの特徴について

月額料金2,189円(税込)
無料お試し期間31日間
初回登録特典600ポイント
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
見放題作品数24万本以上
ポイント作品3万本以上
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
無料期間中の解約無料

U-next最大のメリットは24万本以上見放題作品であると言うこと。

話題のアニメや映画、ドラマ等あるゆるジャンルを網羅しているため、U-nextに登録しておけば間違いないと思います。

ちなみに初回特典で600ptがもらえるのですが、話題の新作映画や漫画などの有料作品に使う事ができます。

\本日登録すると2024年5月15日まで無料↓/
\600pt付/

ジョン・ウィック:コンセクエンスの動画配信状況まとめ

人気の高い動画配信サイト順に並んでいます。

配信
サービス
配信状況お試し期間/特典
U-next
見放題
31日間無料
600pt付与
TSUTAYA DISCAS
DVDレンタル
30日間無料
ポイント付与なし
宅配DVDレンタル
wowow
配信なし
初月無料
ポイント付与なし
Amazonプライムビデオ
配信なし
30日間無料
ポイント付与なし
Hulu
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし
DMM TV
配信なし
30日間無料
550円
550P付与
Netflix
配信なし
無料期間なし
990円
ポイント付与なし
ジョン・ウィック:コンセクエンスはU-nextとTSUTAYA DISCASにて視聴できますが

「どれに登録しようか迷う方は」

u-next一択です。

U-nextがおすすめな理由

まずはU-nextとTSUTAYA DISCASを比較してみました。

U-nextTSUTAYA DISCAS
月額料金2,189円(税込)2,052円(税込)
無料お試し期間31日間30日間
初回登録特典600ポイントなし
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
新作DVD8本レンタル可能
見放題作品数24万本以上1000本以上
取扱作品数27万本以上35万本以上
月間レンタル可能枚数-新作・準新作:8枚/旧作・まだまだ話題作:借り放題
(※お試し期間中の新作レンタル不可)
ポイント作品3万本以上なし
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビスマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台購入作品に限り2台まで
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
国内ドラマ
海外ドラマ
韓流ドラマ
アニメ
邦画
洋画など
無料期間中の解約無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能
無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能

U-nextとTSUTAYA DISCASの最大の違い視聴出来るまでの時間です。

U-nextはネットで登録がすぐに視聴出来ますが、TSUTAYA DISCASでは宅配レンタルなので視聴出来るまで最大3日かかります。

また在庫がなければ視聴もできません。

よってジョン・ウィック:コンセクエンスを視聴するならU-nextで視聴するのが賢いですね。

そして無料トライアル中に解約をすれば、月額利用料が一切発生しないためかなりお得ですね。

\本日登録すると2024年5月15日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年5月14日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/
本ページの情報は2024年1月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。
U-NEXTの無料会員登録の方法ついてはこちらをタップ←
U-NEXTの解約方法ついてはこちらをタップ←

ここまでのまとめ

  1. wowowは視聴出来ない
  2. U-nextやTSUTAYA DISCASで視聴出来る
  3. U-nextではすぐに視聴出来るがTSUTAYA DISCASは届くまで待つ必要がある

映画「ジョン・ウィック:コンセクエンス」wowowやtsutayaで見れる?の気になることまとめ

『ジョン・ウィック:コンセクエンス』はアクション映画の頂点!伝説の殺し屋が自由を求めて全力で戦う姿に圧倒される!

2023年9月22日に公開された映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』は、2014年から始まった『ジョン・ウィック』シリーズの第4弾です。キアヌ・リーヴスが主演し、チャド・スタエルスキが監督を務めています。本作は前作『ジョン・ウィック:パラベラム』の続きで、裏社会の掟を破って生き残った伝説の殺し屋、ジョン・ウィックが、裏社会の支配者である主席連合から逃れるために奮闘する物語です。

本作はアクション映画のファンなら必見の作品です。なぜなら、本作はアクション映画の頂点と言えるほど、驚異的な迫力とスピード感、そして美しさを備えた戦闘シーンが目白押しだからです。本作のアクションは、地域や文化に応じて様々な武器やスタイルが登場し、ジョン・ウィックの戦闘力と知恵と気迫が試されます。また、ジョン・ウィックの敵や味方にも魅力的なキャラクターが多数登場し、彼らとのやりとりも見どころの一つです。本作はアクションだけでなく、ジョン・ウィックの人間性や過去、そして未来にも焦点を当てた作品です。

本記事では、映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の魅力や見どころについて、以下の4つのポイントに分けて紹介します。

  • 進化したアクション
  • 個性的なキャラクター
  • 人生の階段
  • ジョン・ウィックのラスト

進化したアクション

本作の最大の見どころはやはりアクションです。『ジョン・ウィック』シリーズはアクションの名作として知られていますが、本作はその中でも一番アクションに力が入っています。その力の入り方は、映画のほとんどがアクションシーンで占められているくらいのものです。おそらく、アクションシーンと会話シーンの比率を測ったら、アクションの方が圧倒的に多いでしょう。本作は上映時間が2時間49分と長いのですが、それを忘れさせるくらいアクションが連続します。息をする暇もないくらい画面が動き続けるので、本当にあっという間に感じます。

本作のアクションは地域色が豊かで、例えば映画の冒頭では、ジョンが馬に乗って標的を追跡するシーンがあります。これは砂漠の風景にマッチしたアクションで、馬と銃という組み合わせが新鮮でした。また、パリでは凱旋門の近くで車を避けながら戦うシーンがあります。これはパリの街並みにマッチしたアクションで、車と銃という組み合わせが迫力がありました。そして、日本では弓や刀を使ったシーンがあります。これは日本の文化にマッチしたアクションで、弓と刀という組み合わせが美しさがありました。スタイリッシュな戦闘シーンも見どころで、例えば刀を使った戦闘は動きが滑らかでスピーディーでしたし、弓を使った戦闘も矢を連射するだけでなく、弓自体を使った戦闘もあり、小柄な体を活かした身軽な動きもそれぞれの特徴を最大限に引き出したスタイルでとても素晴らしかったです。

本作では登場する銃の種類も多様で、クラシックなハンドガンに加えて火を噴く銃も登場します。それぞれの銃の特徴がどれも魅力的でした。そして敵側の防御力が格段に上がったことで、この銃の扱い方がより難しくなります。これまでジョンが着ることが多かった防弾スーツですが、本作ではほとんど当たり前になっており、ほとんどのキャラクターが着ています。このスーツはジョンを見ればわかりますが、銃弾を通さないので頭を撃たれない限りは死なないというチートアイテムです。それをグラモン伯爵側の敵が皆着ているので、なかなか倒せません。なのでとにかく膝を折ってから頭に確実に撃ち込むというのが必要でした。これまでの体に1発頭に1発が通用しなくなったので、1人倒すにも大量の弾と柔術が必要になっており、1人当たりのアクションもより激しいものになっていました。

個性的なキャラクター

本作にはそれぞれの特徴を活かした個性的なキャラクターがたくさん登場します。まずはケインです。ケインは盲目の殺し屋で、常に歩行を助ける白杖のようなものを持ち歩いており、それを戦闘にも使用します。このケインの戦闘シーンが本当にかっこよかったです。ケインは盲目だけどそれを感じさせないというか、むしろそれがより一層戦闘に役立っていました。高い反応速度と目にも止まらぬ速い戦闘がとても良かったです。動きにキレがあり、ジョンの戦闘は特に近接戦において、重い動きから繰り出される敵をその1撃で仕留めるような攻撃があり、それは柔術で特に目立ちます。一方でケインは速い攻撃が得意で、白杖もまるでフェンシングのように素早い剣さばきで敵を倒し、打撃もカンフーのように素早く相手の隙をついていました。ジョンとケインの戦闘はスピード感があり、見ていてとても楽しかったです。

次にハンナです。ハンナはジョンの旧友で、彼と同じく主席連合から逃れるために日本に潜伏していた殺し屋です。ハンナは弓を使ったアクションが得意で、ジョンと共に主席連合の追手と戦います。ハンナの弓の使い方は本当に見事でした。弓は銃と違って音がしないので、敵に気づかれずに一方的に倒すことができます。ハンナは弓の矢を様々な方法で使っており、例えば矢に爆弾をつけて爆発させたり、矢にロープをつけて敵を引き寄せたり、矢に電気を流して敵を感電させたりと、工夫が凝らされていました。また、ハンナは弓だけでなく、刀やナイフも使って近接戦闘もこなしており、ジョンとのコンビネーションも抜群でした。

そして、最後にグラモン伯爵です。グラモン伯爵は本作の最大の敵で、主席連合のトップに君臨する裏社会の王です。グラモン伯爵はジョンのかつての師匠でもあり、彼を殺し屋に育てた人物です。グラモン伯爵はジョンに対して複雑な感情を抱いており、彼を殺すことも、彼に仕えることも望んでいます。グラモン伯爵は自分の権力と財力を駆使して、ジョンを追い詰めます。グラモン伯爵は自らも戦闘に参加し、ジョンとの最終決戦では、自分の屋敷に仕掛けた罠や部下を使ってジョンを苦しめます。グラモン伯爵はジョンとの戦闘では、銃や刀だけでなく、火や水や毒などの要素も使ってジョンを攻撃します。グラモン伯爵はジョンの最強の敵であり、最強の師でもあります。

以上、映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』の魅力や見どころについて紹介しました。本作はアクション映画の頂点と言えるほど、驚異的な迫力とスピード感、そして美しさを備えた戦闘シーンが目白押しだからです。また、ジョン・ウィックの人間性や過去、そして未来にも焦点を当てた作品です。本作は2023年9月22日に公開されましたが、まだ観ていない方はぜひ劇場で観てください。ジョン・ウィックの壮絶な逃亡劇と復讐劇を見逃すな!

ジョン・ウィック:コンセクエンスの気になることまとめの記事はAIに書いてもらった記事となります。
参考程度に見てください。

(AIの回答には誤りが含まれることがあります。ご注意ください。)

\本日登録すると2024年5月15日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年5月14日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/

10000

コメント

タイトルとURLをコピーしました