「最新」ヘレディタリー/継承はwowowで見れる?

5.0
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

「最新」映画「ヘレディタリー/継承」wowowで見れる?vodサブスク情報まとめ

先に結論を言ってしまうと下記の通りです

  1. wowowでは視聴出来ない
  2. U-nextであれば31日間の無料トライアルでお試し視聴可能
  3. 無料トライアル期間ならヘレディタリー/継承を視聴しても料金は発生しない
  4. U-nextでは解約をすれば一切料金は発生しない

 

結果的にはwowowは視聴出来ません

しかしU-nextと言う動画配信サービスであれば、31日間の無料トライアルでお試し視聴が可能なのでこの期間中は料金は発生しません。

またこの期間中に解約をすれば一切料金は発生しません

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/


画像引用元:U-next

U-NEXTは国内最大の配信サービスで東証一部上場している超一流企業ため安心して見ることができます。

U-nextの特徴について

月額料金2,189円(税込)
無料お試し期間31日間
初回登録特典600ポイント
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
見放題作品数24万本以上
ポイント作品3万本以上
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
無料期間中の解約無料

U-next最大のメリットは24万本以上見放題作品であると言うこと。

話題のアニメや映画、ドラマ等あるゆるジャンルを網羅しているため、U-nextに登録しておけば間違いないと思います。

ちなみに初回特典で600ptがもらえるのですが、話題の新作映画や漫画などの有料作品に使う事ができます。

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/

ヘレディタリー/継承の動画配信状況まとめ

人気の高い動画配信サイト順に並んでいます。

配信
サービス
配信状況お試し期間/特典
U-next
見放題
31日間無料
600pt付与
TSUTAYA DISCAS
DVDレンタル
30日間無料
ポイント付与なし
宅配DVDレンタル
wowow
配信なし
初月無料
ポイント付与なし
Amazonプライムビデオ
配信なし
30日間無料
ポイント付与なし
Hulu
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし
DMM TV
配信なし
30日間無料
550円
550P付与
Netflix
配信なし
無料期間なし
990円
ポイント付与なし
ヘレディタリー/継承はU-nextとTSUTAYA DISCASにて視聴できますが

「どれに登録しようか迷う方は」

u-next一択です。

U-nextがおすすめな理由

まずはU-nextとTSUTAYA DISCASを比較してみました。

U-nextTSUTAYA DISCAS
月額料金2,189円(税込)2,052円(税込)
無料お試し期間31日間30日間
初回登録特典600ポイントなし
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
新作DVD8本レンタル可能
見放題作品数24万本以上1000本以上
取扱作品数27万本以上35万本以上
月間レンタル可能枚数-新作・準新作:8枚/旧作・まだまだ話題作:借り放題
(※お試し期間中の新作レンタル不可)
ポイント作品3万本以上なし
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビスマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台購入作品に限り2台まで
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
国内ドラマ
海外ドラマ
韓流ドラマ
アニメ
邦画
洋画など
無料期間中の解約無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能
無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能

U-nextとTSUTAYA DISCASの最大の違い視聴出来るまでの時間です。

U-nextはネットで登録がすぐに視聴出来ますが、TSUTAYA DISCASでは宅配レンタルなので視聴出来るまで最大3日かかります。

また在庫がなければ視聴もできません。

よってヘレディタリー/継承を視聴するならU-nextで視聴するのが賢いですね。

そして無料トライアル中に解約をすれば、月額利用料が一切発生しないためかなりお得ですね。

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/
本ページの情報は2024年1月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。
U-NEXTの無料会員登録の方法ついてはこちらをタップ←
U-NEXTの解約方法ついてはこちらをタップ←

ここまでのまとめ

  1. wowowは視聴出来ない
  2. U-nextやTSUTAYA DISCASで視聴出来る
  3. U-nextではすぐに視聴出来るがTSUTAYA DISCASは届くまで待つ必要がある

映画「ヘレディタリー/継承」wowowで見れる?の気になることまとめ

『ヘレディタリー/継承』はなぜ怖いのか?映画のあらすじ、キャスト、見どころを徹底紹介!【ネタバレあり】

『ヘレディタリー/継承』は、2018年に公開されたアリ・アスター監督のホラー映画です。トニ・コレットが主演し、家族の死や悪魔崇拝のカルト教団に巻き込まれる恐怖を描きます。本作はアスターの長編映画監督デビュー作であり、サンダンス映画祭でプレミア上映された直後から絶賛されており、「直近50年のホラー映画の中の最高傑作 」「21世紀最高のホラー映画 」と評されています。この記事では、『ヘレディタリー/継承』のあらすじ、キャスト、見どころを紹介します。また、映画のラストや謎についても解説します。ネタバレを含むので、未鑑賞の方はご注意ください。

『ヘレディタリー/継承』のあらすじ

ミニチュア模型アーティストのアニー・グラハムは、長年疎遠であった母エレンが亡くなったことをきっかけにグループ・カウンセリングに参加するようになります。アニーはカウンセリングの席で、母が解離性同一性障害を発症していたこと、父が統合失調症で餓死したこと、兄が極度な被害妄想が原因で自殺したことを語ります。そして、自身も夢遊病に悩まされていることを告白します。彼女は先天性遺伝による精神疾患が、いずれは自分の子ども達にも発現することを心配していたのです。

アニーの息子のピーター(16歳)は友人宅のパーティーに行くため、学校のイベントに参加すると嘘をついて母の車を借りようとしましたが、アニーは妹のチャーリー(13歳)も一緒に連れて行くよう強制します。パーティーで一人きりにされてしまったチャーリーは、ナッツ入りのケーキを食べアレルギー発作を起こしてしまいます。ピーターは妹を病院に運ぶため、車で夜道を無謀なスピードで疾走します。呼吸困難にもがき苦しむチャーリーが車の窓を開け顔を出したその時、ピーターが路上にあった動物の死骸を避けるためハンドルを切ったことから、道路脇の電柱とチャーリーの頭部が激突してしまいます。ピーターはショック状態になり、誰にも事態を報告できないまま、自宅の寝室に戻ります。その翌日、頭部のないチャーリーの死体を発見した母の、悲壮な叫び声が響き渡ります。

チャーリーの死をきっかけにアニーとピーターは険悪な関係になってしまい、夫のスティーブは必死になって二人の関係の修繕しようとします。悲しみに沈むアニーは、グループ・カウンセリングで知りあったジョーンという老女と仲よくなり、ある日彼女の自宅に招かれ交霊会の儀式に参加します。そこでの体験を経て、アニーは交霊の儀式が本物であると信じ、チャーリーのスケッチブックを使い、自分も交霊の儀式を行い娘と交信しようと試みます。真夜中、アニーは夫と息子を起こすと交霊会に参加するよう強く説得します。交信は一旦成功するが、スティーブによって儀式は中断されます。以降、ピーターは妹の幻覚を見たり、アニーに殺される悪夢にうなされるなど少しずつ精神が病んでいきます。

アニーはチャーリーが悪霊になったのではないかと疑い、息子の身の危険を感じ、チャーリーのスケッチブックを暖炉で燃やそうとしますが、その燃え方と同調するように自分の手も炎に包まれて驚きます。「スケッチブックを燃やすと自分も燃える」というルールを知ったアニーは、スケッチブックの処分をあきらめます。さらにアニーは、自宅の屋根裏部屋で母の首のない腐乱死体を発見します。母の遺品を調べると、そこにはカルト教団のリーダーであった生前の母とジョーンの姿が映った写真が何枚もあり、「ペイモン」と呼ばれる悪魔について書かれた本を発見します。本にはペイモンが男性の肉体に取り憑くことを望み、その見返りに富をもたらすことが記されています。アニーはスティーブに屋根裏のエレンの死体を見せ、悪魔崇拝のカルトの実態を説明しようとしますが、スティーブは夢遊病持ちのアニーがエレンの死体を墓から掘り返して屋根裏に遺棄したのだと思い込み、取り合いません。絶望したアニーは、自分も焼け死ぬ覚悟で再度チャーリーのスケッチブックに火をつけますが、スケッチブックは無傷で、代わりにスティーブが炎に包まれて死んでしまいます。その瞬間、アニーの目には悪魔の光が宿り、彼女は悪魔に操られるようになります。一方、ピーターは自分の部屋で目を覚まし、屋根裏から聞こえる母の声に従って屋根裏に上がります。そこで彼は、母の首のない死体や、祭壇に飾られたチャーリーの首のない死体、カルト教団のメンバーたちの姿を目撃します。恐怖に駆られたピーターは窓から飛び降りますが、チャーリーの亡霊が彼の肉体に入り込みます。そして、ピーターは母の死体を追ってきたアニーに導かれ、祭壇の前に立ちます。そこには、ペイモンの王冠と杖が置かれており、カルト教団のメンバーたちがペイモンとしてのピーターを讃えています。映画は、ピーターの無表情な顔とカルト教団の歓声とともに終わります。

『ヘレディタリー/継承』のキャスト

『ヘレディタリー/継承』に登場する主なキャラクターと、それぞれを演じた俳優を紹介します。

  • アニー・グラハム / トニ・コレット
    • ミニチュア模型アーティストの主人公。母や娘の死に苦しみ、悪魔崇拝のカルト教団に巻き込まれる。
    • トニ・コレットは、オーストラリア出身の女優で、第72回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた『シックス・センス』や、第77回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した『マリアージュ・ストーリー』などの作品に出演しています。
  • ピーター・グラハム / アレックス・ウルフ
    • アニーの息子で高校生。妹の死に責任を感じ、母との関係が悪化する。最終的にペイモンに憑依される。
    • アレックス・ウルフは、アメリカ出身の俳優で、子役として活動していた『ザ・ネイキッド・ブラザーズ・バンド』や、大ヒットした『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』などの作品に出演しています。
  • スティーブ・グラハム / ガブリエル・バーン
    • アニーの夫で精神科医。家族の問題に対処しようとするが、妻の行動に疑念を抱く。最後は妻によって焼かれて死ぬ。
    • ガブリエル・バーンは、アイルランド出身の俳優で、第68回ゴールデングローブ賞主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされた『イン・トリートメント』や、第74回ゴールデングローブ賞助演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)にノミネートされた『ザ・スレンダー・スレッド』などの作品に出演しています。
  • チャーリー・グラハム / ミリー・シャピロ
    • アニーの娘でピーターの妹。奇妙な行動や癖があり、ペイモンの器として生まれてきた。パーティーでアレルギー発作を起こし、車の事故で死ぬ。
    • ミリー・シャピロは、アメリカ出身の女優で、本作が映画デビュー作です。ブロードウェイミュージカル『マチルダ』でトニー賞の特別賞を受賞した経歴を持ちます。
  • ジョーン / アン・ダウド
    • アニーがグループ・カウンセリングで知り合った老女。実はカルト教団のメンバーで、アニーを交霊会に誘ってペイモンの儀式に巻き込む。
    • アン・ダウドは、アメリカ出身の女優で、第69回プライムタイム・エミー賞助演女優賞(ドラマ部門)を受賞した『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』や、第76回ゴールデングローブ賞助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)にノミネートされた『ザ・サークル』などの作品に出演しています。

『ヘレディタリー/継承』の見どころ

『ヘレディタリー/継承』には、多くの見どころがありますが、ここでは代表的なものを紹介します。

  • トニ・コレットの圧巻の演技
    • トニ・コレットは、本作で見せる圧巻の演技が高く評価されました。彼女は、家族の死や悪魔崇拝のカルト教団に巻き込まれるアニー・グラハムを見事に演じました。彼女の表情や声、感情の起伏は、観る人の心に強烈な印象を残します。特に、娘の死を知ったときの悲痛な叫びや、息子との対立シーン、交霊会のシーンなどは、彼女の演技力の高さを証明しています。
  • アリ・アスターの巧みな演出
    • アリ・アスターは、本作で巧みな演出を行いました。彼は、ホラー映画の常套手段であるジャンプスケアや血飛沫などを極力使わずに、家族のドラマや心理的な恐怖を重視しました。彼は、ミニチュア模型やシンボル、音楽などを効果的に使って、不穏な雰囲気や緊張感を高めました。彼は、カメラの動きや編集も独自の工夫を凝らしました。例えば、映画の冒頭では、ミニチュア模型の中にカメラが入り込んで、実際の家の中に移行するシーンがあります。これは、アニーの視点や、家族の運命が操られていることを暗示しています。また、映画の終盤では、カメラが逆さまになって、ホテルの世界が逆転していることを表現しています。
  • 映画のラストや謎についての解釈
    • 『ヘレディタリー/継承』は、映画のラストや謎について、様々な解釈が存在します。例えば、アニーの家族は、エレンのカルト教団によって、ペイモンの器として選ばれていたのでしょうか。それとも、アニーの家族は、先天性遺伝による精神疾患に苦しんでいたのでしょうか。また、ジョーンは、アニーに交霊会を勧めたときに、すでにペイモンに憑依されていたのでしょうか。それとも、ジョーンは、アニーに交霊会を勧めたときに、まだペイモンに憑依されていなかったのでしょうか。映画の中には、カルト教団の計画やペイモンの正体に関するヒントが隠されていると言われています。映画を何度も観て、自分なりの解釈を見つけてみてください。

『ヘレディタリー/継承』は、アリ・アスター監督のホラー映画で、トニ・コレットが主演を務め、家族の死や悪魔崇拝のカルト教団に巻き込まれる恐怖を描きます。この記事では、『ヘレディタリー/継承』のあらすじ、キャスト、見どころを紹介しました。また、映画のラストや謎についても解説しました。ぜひ、この映画を観て、家族の恐怖に挑んでみてください。

ヘレディタリー/継承の気になることまとめの記事はAIに書いてもらった記事となります。
参考程度に見てください。

(AIの回答には誤りが含まれることがあります。ご注意ください。)

\本日登録すると2024年4月2日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/

10000

コメント

タイトルとURLをコピーしました