主に芸能(熱愛・結婚・離婚・アイドル)のニュース|最新のトレンド情報をお届けします!

荒牧陽子の夫は誰?名前や画像はあるのか?わかる範囲で調べます。

      2016/03/19

Pocket

さて今回の記事は荒牧陽子の夫は誰?名前や画像はあるのか?また不倫略奪婚の経緯わかる範囲で調べていきます。

広告

荒牧陽子の夫はいったい誰なのか?

さて情報では夫A氏と書いてありイニシャルなのか適当に振ったアルファベットなのかわかりかねますが女性自身は一体どんな人物なのか把握している様子ですね。となるとネットで調べると特定できそうです。

プロデューサーと不倫か!?

調査していくとプロデューサーと不倫していたとの情報がありました。きっかけは?どうやって知り合ったのかといいますと

それは人気バラエティー番組スタードラフト会議のから知り合ったという噂があります。

もともと荒牧陽子さんが芸能界に進出するきっかけになったは2011年7月19日放送スタードラフト会議に出演して一気にブレイクしたそうです。得意なモノマネを武器に平原綾香、倖田來未、坂本冬美、大塚愛、レディー・ガガといったラインナップで世間を驚かせました。

ちなみに荒牧陽子さんスタードラフト会議モノマネした動画がこちらになります

確かにモノマネ女王と呼ばれるだけのクォリティーですね。

さて話しを戻しますが

某有名な番組の元プロデューサーであることそしてスタードラフト会議と仮定として調べてみる。

年齢は41歳だということ。

くりぃむしちゅー上田晋也似の敏腕テレビマンだいうこと

スタードラフト会議にのプロデューサーは道坂忠久、岩下英恵/ 渡部祐一、長瀬徹、三浦佳憲、名田雅哉、 成子美里(以前はAP)、内海昇、大泉正 太、斎藤みさ子/田中宏史 チーフプロデューサー: 菅賢治 

その中では田中さんと菅さんは年齢が違うので省き女性も省いていくと

道坂忠久、 渡部祐一、長瀬徹、三浦佳憲、名田雅哉、内海昇、大泉正太

 

上記の7名が候補となります

ただここから絞ることが難しく年齢もわからないので調査はここまでとなっています。

ただネットのキーワード検索で荒牧陽子 道坂忠久という関連ワードが浮上するのでひょっとしたら道坂さんと何か関係があったのでしょうか?

荒牧さんの略奪婚の流れ

荒巻さんの不倫が始まったがのがスタードラフト会議からブレイクした2011年の冬頃。

元プロデューサーA氏はB子さんと結婚からわずか4ヶ月間というのに不倫が始まっていたみたいですね・・その後、B子さんが妊娠し出産のための病院で入院したが退院して自宅に戻ってきたときにB子さんのものではないつけまつ毛”を発見したそうです。

真相を確かめるべくA氏の携帯電話を覗くと不倫をしている証拠メールが次々と出てくるはめに・・その相手がまさしく荒巻さんだっとそうです。

その後彼女の両親の3人の前で、A氏を問い詰めると荒巻さんとの不倫を認めたそうです。

慰謝料6千万円を求め訴える・

自分が出産で大変だというのは夫はこっそり女を連れ込んで不貞し精神的苦痛を味わったとして慰謝料6千万円を請求しています。

当然この不倫騒動がきっかけに翌年の5月に離婚が成立しています。

離婚後、B子さんから奪うかたちで結婚し不倫略奪婚が完成する。

その後謝罪している

その後

「その件に関しては、本当にご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした! この気持ちが記事を通して、少しでも伝われば、と思います」

と不倫騒動について謝罪しています。

また夫はすでに離婚していたと思っていたようですが・・

世間の反応では?

今回の謝罪について世間のの反応はというと・・

■ものまねは上手かったけどね。不倫略奪婚はダメでしょ。

■どんなに才能あっても、トラブルがあれば一気に人生堕ちるよね

■久々に、すごいモノマネできる人が出た~!!って思ったのに…いろんな意味でガッカリでした…

最後に

モノマネ女王として君臨するも不倫騒動を引きかけに芸能界から干されてしまった彼女。モノマネする対象の芸能人や有名人あっての仕事で、入れ替わりが激しいから一度悪いイメージが付いてしまうとなかなか復活は厳しいのかな?

ちなみにスタードラフト会議にベッキーも出演していましたね・・なんという意味深な結果・・

広告

広告

Pocket

 - 夫・誰・名前・画像

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


八 × = 48

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>