【危険】ようこそ実力至上主義の教室へ1期の無料動画(b9good,anitube,gogoanime,kissanime,dailymotion,9tsu)を見ない方が良い理由について

Youkoso Jitsuryoku Shijou Shugi no Kyoushitsu e2023夏アニメ
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

ようこそ実力至上主義の教室へ1期の無料動画(b9good,anitube,gogoanime,kissanime,dailymotion,9tsu)は止めた方が良い理由

ようこそ実力至上主義の教室へ1期のあらすじについて

ようこそ実力至上主義の教室へ1期のあらすじ

『ようこそ実力至上主義の教室へ1期』は、衣笠彰梧の作品で、トモセシュンサクがイラストを担当しているライトノベルです。「よう実」という略称で親しまれています。2023年6月の時点で、電子版も含めてシリーズの累計部数は840万部に達しています。

物語は、進学・就職率がほぼ100%という名門校・高度育成高等学校で繰り広げられます。この学校は、完全実力主義であり、生徒たちは様々な能力を試される特別試験に挑まなければなりません。主人公の綾小路清隆は、Dクラスという最下位のクラスに所属していますが、実は驚異的な能力を持っています。清隆は、Aクラスを目指すクラスメイトの堀北鈴音と協力し、学校側が仕掛けるゲーム的なルールに従って特別試験に臨んでいきます。

本作は、MF文庫J(KADOKAWA)から2015年5月から刊行されており、2020年1月からは『ようこそ実力至上主義の教室へ1期 2年生編』として続刊されています。韓国やアメリカなど、複数の国で本作の翻訳版が出版されています。また、コミカライズやテレビアニメ化もされています。テレビアニメは第1期が2017年に、第2期が2022年に放送されました。第3期は2023年に放送予定です。

■ようこそ実力至上主義の教室へ1期を合法的に無料で見たい方はこちらをクリック←

先に結論を言ってしまうと、ようこそ実力至上主義の教室へ1期を

b9good(b9dm),anitube,dailymotion,bilibili,9tsu,Miomio,gogoanime

などで見てしまうと、

ウィルス感染、詐欺被害、逮捕被害、強制マイニングの危険性があります。

ウィルスにかかると個人情報を抜かれたり、スマホやPCの動作を不安定にさせ最悪壊れてしまう危険性があります。

また下記サイトでも危険性が潜むためおすすめしません。

Kayoanime,AniDL,AnimePlanet,AnimeFLV,9anime,Anilinkz,AnimeHeaven,AnimeLand,Dubbedanime,AnimeGO,AnimeBee,YugenAnime,Sugeanime,Watchanimenet,Zoroanime

ようこそ実力至上主義の教室へ1期を合法的に無料で見る方法について

合法的に無料視聴する方法はU-NEXTと言う動画配信サービスで見ることです。

U-NEXTは国内最大の配信サービスで東証一部上場している超一流企業ため安心して見ることができます。

U-NEXTでは31日間無料トライアル期間があるので、その間にサクッと見ればOKです。

\31日間無料トライアルは下記をタップ↓
見逃し配信バナー

本ページの情報は2023年6月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXTの無料会員登録の方法ついて

U-NEXTの解約方法について

月額プラン解約を選択

自動更新解除で完了

次へを選択

1,2,3,4,5

 

ようこそ実力至上主義の教室へ1期のストーリーについて

ようこそ実力至上主義の教室へ1期のストーリー

第1話 悪とは何か――弱さから生ずるすべてのものだ。

この話は、優秀な生徒が集まるとされる東京都立高校に入学した主人公・綾小路清隆が、最下位のDクラスに配属されるところから始まります。Dクラスの生徒たちは、成績や態度が悪く、学校から見放された存在です。しかし、清隆は自分の才能を隠しているだけで、実は天才的な頭脳と観察力を持っています。彼は、Dクラスのクラスメイトや教師たちと交流しながら、学校の秘密や裏事情を知っていきます。そして、彼は自分の目的のために、DクラスをAクラスに昇格させることを決意します。

この話では、清隆がDクラスのリーダー的存在である堀北鈴音や、彼に興味を持つ美少女・堀北鈴音と出会うシーンや、学校のシステムやルールを知るシーンが描かれています。また、清隆が他のクラスの生徒や教師と対峙するシーンもあります。この話のテーマは、「悪とは何か」という問いに対する清隆の答えです。彼は、悪とは弱さから生じるすべてのものだと考えています。そして、弱さを克服するためには、実力を身につけることが必要だと考えています。この話は、清隆が自分の実力を発揮し始める第一歩となる話です。

第2話 才能を隠すのにも卓越した才能がいる。

この話は、清隆がDクラスで最も目立つ存在である堀北鈴音に興味を持ち始めるところから始まります。鈴音は、美貌や運動神経に優れており、他のクラスからも注目されています。しかし、彼女は成績が悪く、勉強に興味がないように見えます。清隆は、鈴音が本当に馬鹿なのかどうかを確かめるために、彼女に近づきます。そして、彼女が実は天才であることを見抜きます。鈴音は、自分の才能を隠している理由や目的を明かしませんが、清隆に興味を示します。二人は次第に親しくなっていきます。

この話では、清隆と鈴音の関係が深まるシーンや、二人が他のクラスメイトや教師と交流するシーンが描かれています。また、清隆が他のクラスの生徒や教師から疑われたり嫌われたりするシーンもあります。この話のテーマは、「才能を隠すこと」です。清隆も鈴音も自分の才能を隠していますが、その理由や方法は異なります。清隆は自分の目的のために、鈴音は自分の過去のために、才能を隠しています。そして、二人は才能を隠すことで、他人から孤立したり誤解されたりすることを覚悟しています。この話は、清隆と鈴音が互いに才能を認め合う話です。

第3話 人間は取引をする唯一の動物である。骨を交換する犬はいない

この話は、学校がDクラスに対して行ったテストの結果が発表されるところから始まります。テストの結果は、Dクラスが最下位であることを示しています。しかし、清隆はテストの問題や採点に不正があったことを見抜きます。彼は、学校のシステムに疑問を持ち始めます。そして、彼は学校の裏に隠された真実を知るために、教師や他のクラスの生徒と取引をすることを決意します。

この話では、清隆が学校のシステムやルールに挑戦するシーンや、教師や他のクラスの生徒と交渉するシーンが描かれています。また、清隆が鈴音や他のDクラスの生徒と協力するシーンもあります。この話のテーマは、「取引」です。清隆は、人間は取引をする唯一の動物であると考えています。そして、彼は取引を通じて自分の利益や目的を達成しようとします。しかし、彼は取引にもリスクや代償があることを知っています。この話は、清隆が学校のシステムに挑む話です。

第4話 他人が真実を隠蔽することに対して、我々は怒るべきでない。なぜなら、我々も自身から真実を隠蔽するのであるから。

この話は、清隆が学校のシステムやルールに関する情報を得るために、教師や他のクラスの生徒と取引を続けるところから始まります。彼は、学校がDクラスに対して不利な扱いをしていることや、学校に秘密裏に存在する特別なクラスのことなどを知っていきます。しかし、彼はその情報がすべて真実であるかどうかを確かめることができません。彼は、自分が信じていたものや期待していたものと違う現実に直面します。

この話では、清隆が学校の秘密や真実に近づくシーンや、教師や他のクラスの生徒と対立するシーンが描かれています。また、清隆が鈴音や他のDクラスの生徒と危機に陥るシーンもあります。この話のテーマは、「真実」です。清隆は、真実を知りたいと思っていますが、真実は必ずしも望ましいものではありません。そして、彼は自分も真実を隠していることに気づきます。彼は自分の過去や感情や目的などを他人に明かしません。

第5話 地獄、それは他人である。

この話は、清隆が学校の秘密や真実に迫ったことで、教師や他のクラスの生徒からの反発を受けるところから始まります。彼は、学校のシステムやルールに疑問を持ち、それに挑戦することで、自分やDクラスの生徒たちに危険が及ぶことを知ります。彼は、自分の行動が正しいのかどうかを悩み始めます。そして、彼は自分の目的や理想についても考え直します。

この話では、清隆が教師や他のクラスの生徒と対立するシーンや、Dクラスの生徒たちと協力するシーンが描かれています。また、清隆が鈴音や他のDクラスの生徒と仲良くなるシーンもあります。この話のテーマは、「他人」です。清隆は、他人と関わることで、自分の価値観や信念が揺らぐことを感じます。そして、彼は他人と共存することや協力することの意味や難しさを知ります。彼は自分が孤独であることに気づきます。この話は、清隆が他人と向き合う話です。

第6話 嘘には二種類ある。過去に関する事実上の嘘と未来に関する権利上の嘘である。

この話は、清隆が学校の秘密や真実について調べる中で、自分の過去や家族に関する嘘を知るところから始まります。彼は、自分が本当に誰なのかや何のために生きているのかを疑うようになります。彼は、自分の過去や家族について語らないようにしていましたが、それが自分を苦しめることに気づきます。彼は、自分の過去や家族について鈴音に打ち明けることを決心します。

この話では、清隆が自分の過去や家族について回想するシーンや、鈴音に打ち明けるシーンが描かれています。また、清隆が教師や他のクラスの生徒から嘘を見破られたり暴露されたりするシーンもあります。この話のテーマは、「嘘」です。清隆は、嘘には二種類あると考えています。一つは過去に関する事実上の嘘で、もう一つは未来に関する権利上の嘘です。彼は自分も他人も嘘をつくことがあることを知っていますが、嘘をつく理由や目的は異なります。彼は自分の嘘を正当化しようとしますが、それが自分を苦しめることも認めます。この話は、清隆が自分の嘘に向き合う話です。

第7話 無知な友人ほど危険なものはない。賢い敵のほうがよっぽどましだ。

この話は、清隆が自分の過去や家族について鈴音に打ち明けたことで、二人の関係が深まるところから始まります。彼は、鈴音に対して初めて友情や恋愛といった感情を抱くようになります。彼は、鈴音と一緒にいることで、自分の心が癒されることを感じます。しかし、彼は鈴音が自分に隠していることがあることにも気づきます。彼は、鈴音が自分の過去や家族や目的について語らないことに不信感を抱き始めます。

この話では、清隆と鈴音の仲が良くなるシーンや、二人が他のDクラスの生徒と交流するシーンが描かれています。また、清隆と鈴音の間に不信や疑念が生じるシーンもあります。この話のテーマは、「友人」です。清隆は、友人とは何かという問いに対する答えを探しています。彼は、友人とは互いに信頼し合える人であると考えています。しかし、彼は自分も鈴音も互いに嘘をついていることを知っています。彼は自分の友人である鈴音が自分に危害を加える可能性があることを恐れます。この話は、清隆が友人という関係に悩む話です。

第8話 汝等ここに入るもの、一切の望みを捨てよ。

この話は、清隆が学校の秘密や真実について調べる中で、学校に存在する特別なクラスであるAクラスに招待されるところから始まります。Aクラスは、学校の最高位のクラスであり、学校のすべての権力や資源を握っています。Aクラスの生徒たちは、清隆に対して敵意や嫉妬を持っており、彼を陥れようとします。しかし、彼らは清隆がAクラスに入る条件を受け入れることを期待しています。彼らは清隆に対して、Aクラスに入ればすべての望みが叶うと言います。

この話では、清隆がAクラスの生徒や教師と対面するシーンや、Aクラスの内部や秘密を知るシーンが描かれています。また、清隆がAクラスに入る条件を拒否するシーンもあります。この話のテーマは、「望み」です。清隆は、自分の望みとは何かという問いに対する答えを探しています。彼は、自分の望みは自分の目的や理想であると考えています。しかし、彼は自分の目的や理想が本当に正しいものなのかどうかを疑うようになります。彼は自分の望みを捨てることができないことに気づきます。この話は、清隆が自分の望みに固執する話です。

第9話 人間は自由の刑に処されている。

この話は、清隆がAクラスに入る条件を拒否したことで、学校からの制裁を受けるところから始まります。彼は、学校のシステムやルールに反抗したことで、自分やDクラスの生徒たちに危険が及ぶことを知ります。彼は、自分の行動が正しかったのかどうかを後悔し始めます。そして、彼は自分の自由や選択についても考え直します。

この話では、清隆が学校からの制裁や嫌がらせを受けるシーンや、Dクラスの生徒たちと危機に陥るシーンが描かれています。また、清隆が鈴音や他のDクラスの生徒と励まし合うシーンもあります。この話のテーマは、「自由」です。清隆は、自由とは何かという問いに対する答えを探しています。彼は、自由とは自分の意志で行動することであると考えています。しかし、彼は自由に行動することで、自分や他人に不幸をもたらすこともあることを知っています。彼は自分の自由が罰であることに気づきます。この話は、清隆が自分の自由に苦しむ話です。

第10話 裏切者の中で最も危険なる裏切者は何かといえば、すべての人間が己れ自身の内部にかくしているところのものである。

この話は、清隆が自分の裏切りに気づいたことで、自分の行動や目的を見直すところから始まります。彼は、自分が本当に望んでいるものや信じているものを確かめるために、鈴音や他のDクラスの生徒に謝罪しようとします。しかし、彼はその過程で、教師や他のクラスの生徒からの攻撃を受けます。彼は、自分やDクラスの生徒たちが学校から追放される危機に陥ります。

この話では、清隆が自分の過ちを認めるシーンや、鈴音や他のDクラスの生徒と和解するシーンが描かれています。また、清隆が教師や他のクラスの生徒と最終決戦するシーンもあります。この話のテーマは、「赦し」です。清隆は、赦しとは何かという問いに対する答えを探しています。彼は、赦しとは互いに傷つけ合った人間が互いに許し合うことであると考えています。しかし、彼は自分も他人も互いに許し合えないことを知っています。彼は自分の赦しを求めます。この話は、清隆が自分の赦しに苦しむ話です。

作品名ようこそ実力至上主義の教室へ1期
放送形態TVアニメ
放送スケジュール2017年7月12日(水)~2017年9月27日(水)
AT-Xほか

【再放送】
2023年7月4日(火)~
BS日テレ・TOKYO MXにて

話数全12話
キャスト綾小路清隆:千葉翔也
堀北鈴音:鬼頭明里
櫛田桔梗:久保ユリカ
佐倉愛里:M・A・O
軽井沢恵:竹達彩奈
平田洋介:逢坂良太
高円寺六助:岩澤俊樹
須藤健:竹内栄治
池寛治:阿部大樹
山内春樹:岩中睦樹
幸村輝彦:郷田翼
坂柳有栖:日高里菜
葛城康平:日野聡
一之瀬帆波:東山奈央
神崎隆二:若山晃久
龍園翔:水中雅章
伊吹澪:小松未可子
堀北学:梅原裕一郎
橘茜:小原好美
茶柱佐枝:佐藤利奈
星之宮知恵:金元寿子
スタッフ監督:岸 誠二 × 橋本裕之
シリーズ構成:朱白あおい(ミームミーム)
キャラクターデザイン:森田和明
アニメーション制作:Lerche
製作:ようこそ実力至上主義の教室へ1期製作委員会
主題歌OP:「カーストルーム」ZAQ

アニメイト通販での購入はこちら

ED:「Beautiful Soldier」Minami

アニメイト通販での購入はこちら
公開開始年&季節2017夏アニメ、2023夏アニメ

6,7,8,9,10

コメント

タイトルとURLをコピーしました