「最新」映画 ロスト・ワールド/ジュラシック・パークはwowow、tsutayaで見れる?サブスク情報

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

「最新」映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」wowowやtsutayaで見れる?vodサブスク情報まとめ

先に結論を言ってしまうと下記の通りです

  1. wowowでは視聴出来ない
  2. tsutayaでは視聴できるが宅配レンタルなのですぐに視聴出来ない
  3. U-nextであれば動画配信サービスなのでネットで登録後すぐに視聴可能
  4. またU-next31日間の無料トライアルでお試し視聴可能

 

家から一歩も出ずにすぐに「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」を視聴したいならU-next一択だと思います。

ただU-nextってどんな動画配信サービスなの?と知りたい方は下記をご覧ください↓

\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\600pt付/


画像引用元:U-next

U-NEXTは国内最大の配信サービスで東証一部上場している超一流企業ため安心して見ることができます。

U-nextの特徴について

月額料金2,189円(税込)
無料お試し期間31日間
初回登録特典600ポイント
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
見放題作品数24万本以上
ポイント作品3万本以上
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
無料期間中の解約無料

U-next最大のメリットは24万本以上見放題作品であると言うこと。

話題のアニメや映画、ドラマ等あるゆるジャンルを網羅しているため、U-nextに登録しておけば間違いないと思います。

ちなみに初回特典で600ptがもらえるのですが、話題の新作映画や漫画などの有料作品に使う事ができます。

\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\600pt付/

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークの動画配信状況まとめ

人気の高い動画配信サイト順に並んでいます。

配信
サービス
配信状況お試し期間/特典
U-next
見放題
31日間無料
600pt付与
TSUTAYA DISCAS
DVDレンタル
30日間無料
ポイント付与なし
宅配DVDレンタル
wowow
配信なし
初月無料
ポイント付与なし
Amazonプライムビデオ
配信なし
30日間無料
ポイント付与なし
Hulu
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし
DMM TV
配信なし
30日間無料
550円
550P付与
Netflix
配信なし
無料期間なし
990円
ポイント付与なし
ロスト・ワールド/ジュラシック・パークはU-nextとTSUTAYA DISCASにて視聴できますが

「どれに登録しようか迷う方は」

u-next一択です。

U-nextがおすすめな理由

まずはU-nextとTSUTAYA DISCASを比較してみました。

U-nextTSUTAYA DISCAS
月額料金2,189円(税込)2,052円(税込)
無料お試し期間31日間30日間
初回登録特典600ポイントなし
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
新作DVD8本レンタル可能
見放題作品数24万本以上1000本以上
取扱作品数27万本以上35万本以上
月間レンタル可能枚数-新作・準新作:8枚/旧作・まだまだ話題作:借り放題
(※お試し期間中の新作レンタル不可)
ポイント作品3万本以上なし
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビスマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台購入作品に限り2台まで
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
国内ドラマ
海外ドラマ
韓流ドラマ
アニメ
邦画
洋画など
無料期間中の解約無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能
無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能

U-nextとTSUTAYA DISCASの最大の違い視聴出来るまでの時間です。

U-nextはネットで登録がすぐに視聴出来ますが、TSUTAYA DISCASでは宅配レンタルなので視聴出来るまで最大3日かかります。

また在庫がなければ視聴もできません。

よってロスト・ワールド/ジュラシック・パークを視聴するならU-nextで視聴するのが賢いですね。

そして無料トライアル中に解約をすれば、月額利用料が一切発生しないためかなりお得ですね。

\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年3月31日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/
本ページの情報は2024年1月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。
U-NEXTの無料会員登録の方法ついてはこちらをタップ←
U-NEXTの解約方法ついてはこちらをタップ←

ここまでのまとめ

  1. wowowは視聴出来ない
  2. U-nextやTSUTAYA DISCASで視聴出来る
  3. U-nextではすぐに視聴出来るがTSUTAYA DISCASは届くまで待つ必要がある

映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」wowowやtsutayaで見れる?の気になることまとめ

恐竜の世界に再び足を踏み入れるスリルと感動の冒険!映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の見どころをご紹介

この映画はどんな話?

映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」は、1997年に公開されたアメリカのSFパニックアドベンチャー映画です。恐竜をクローン生産する島「サイトB」に不時着した恐竜調査隊と、恐竜を捕獲しようとするハンター団の対立と協力を描いたストーリーです。本作は、「ジュラシック・パーク」シリーズの第2作目にあたり、監督はスティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮はキャスリーン・ケネディが務めました。本作は、新たな恐竜やアクションシーンが満載で、観客にスリルと感動を与えました。本記事では、映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の魅力や見どころを徹底解説します。

あらすじ(ネタバレあり)

映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」のあらすじは以下の通りです。

  • ジュラシック・パークでの悲劇から4年後、インジェン社の会長ハモンドは、恐竜の生態調査を行うために古生物学者のグラント博士に連絡を取るが、彼は断る。その代わりに、数学者のマルコム博士に依頼する。マルコム博士は、恐竜の世界に再び足を踏み入れることに消極的だが、恋人であるサラ博士が既に島に向かっていることを知り、彼女を助けに行くことにする。
  • マルコム博士は、ハモンドから恐竜の生態調査チームのメンバーとしてカメラマンのニック、技術者のエディ、娘のケリーを紹介される。彼らは、恐竜を供給するための遺伝子工場「サイトB」があるイスラ・ソルナ島に向かう。島では、サラ博士が恐竜の観察をしていた。
  • 一方、ハモンドの甥でインジェン社の新社長のルドローは、恐竜を捕獲して本土に連れ帰り、新たなジュラシック・パークを建設する計画を進めていた。彼は、大型猟銃の名手であるローランドをリーダーとするハンター団を島に送り込む。
  • マルコム博士たちは、サラ博士と合流するが、彼女は恐竜に対して強い愛情を持っており、負傷したティラノサウルスの仔をトレーラーに連れ帰って治療する。その結果、ティラノサウルスの親がトレーラーを襲撃し、エディが犠牲になる。さらに、ニックがハンター団のキャンプに侵入して捕獲されていた恐竜を解放することで、ハンター団の装備や車両を破壊する。
  • マルコム博士たちは、ハンター団と合流し、共同で島から脱出することにする。しかし、途中でヴェロキラプトルに襲われ、多くの犠牲者が出る。マルコム博士たちは、無線で救助を呼ぶことに成功するが、ルドローはティラノサウルスの仔を捕獲して本土に連れ帰る。
  • マルコム博士たちは、サンディエゴに到着するが、そこでティラノサウルスの仔が輸送中に暴れて逃げ出し、ティラノサウルスの親も船から脱出して市街地で大暴れするという事態に遭遇する。マルコム博士とサラ博士は、ティラノサウルスの仔を使ってティラノサウルスの親をおびき寄せ、麻酔銃で眠らせることに成功する。ルドローは、ティラノサウルスの仔を捕まえようとするが、ティラノサウルスの親に襲われて殺される。
  • マルコム博士とサラ博士は、ティラノサウルス親子をサイトBに送り返すことに成功する。ハモンドは、テレビで恐竜の保護を訴える。

映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の見どころ

映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」には、以下のような見どころがあります。

新たな恐竜やアクションシーンが満載

この映画の見どころの一つは、新たな恐竜やアクションシーンが満載であることです。本作では、過去の作品に登場したティラノサウルスやヴェロキラプトルはもちろん、ステゴサウルスやプテラノドンなどの新しい恐竜が登場します。ステゴサウルスは、草食恐竜ながらも尾のトゲで攻撃する危険な存在で、サラ博士が襲われるシーンは緊迫感があります。プテラノドンは、空から獲物を捕らえる飛行恐竜で、マルコム博士たちを苦しめます。また、本作では、恐竜たちとの戦闘や逃走シーンが多く、観客は息もつかせないスリルと感動を味わえます。特に、トレーラーが崖から落ちそうになるシーンや、サンディエゴでのティラノサウルスの暴走シーンなどは、迫力満点です。

マルコム博士の再登場と環境保護のテーマ

この映画の見どころのもう一つは、マルコム博士の再登場と環境保護のテーマであることです。マルコム博士は、第1作目の主人公の一人で、数学者としてカオス理論を用いて恐竜の世界の危険性を警告していました。本作では、マルコム博士は、恋人であるサラ博士を助けるために恐竜の世界に再び足を踏み入れることになりますが、そこで彼は恐竜の生態系を守るために奮闘します。マルコム博士は、恐竜に対する敬意や理解を持ちながらも、人間と恐竜の共存は不可能であるという現実を受け入れます。また、本作では、環境保護のテーマも重要な役割を果たします。ハモンドは、恐竜を自然のままに保護することを訴えますが、ルドローは、恐竜を利用して金儲けをしようとします。マルコム博士たちは、ルドローの計画を阻止するために、恐竜を本土に連れ帰ることに反対します。しかし、逆に恐竜が本土に逃げ出してしまい、人間と恐竜の衝突が起こります。この映画は、マルコム博士の再登場と環境保護のテーマにも注目させます。

ホラー映画へのオマージュとユーモアの要素

この映画の見どころのもう一つは、ホラー映画へのオマージュとユーモアの要素であることです。本作では、ホラー映画の名シーンやキャラクターを引用したり、パロディしたりする場面があります。例えば、サラ博士がティラノサウルスの仔の血を拭うシーンは、『エイリアン』のリプリーがエイリアンの血を拭うシーンを思わせます。また、ティラノサウルスがサンディエゴで暴れるシーンは、『キングコング』のキングコングがニューヨークで暴れるシーンを思わせます。さらに、ティラノサウルスがルドローを食べるシーンは、『ジョーズ』のサメがクイントを食べるシーンを思わせます。この映画は、ホラー映画へのオマージュとしても楽しめます。また、本作では、ホラーとは対照的にユーモアの要素もあります。例えば、マルコム博士がケリーに「恐竜は絶滅した」と言うシーンや、ティラノサウルスが犬小屋を食べるシーンなどは、笑いを誘います。この映画は、ホラーとユーモアの要素をバランスよく盛り込んでいます。

以上、映画「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」の魅力や見どころを徹底解説しました。本作は、新たな恐竜やアクションシーンが満載で、マルコム博士の再登場と環境保護のテーマ、ホラー映画へのオマージュとユーモアの要素という、3つの大きな魅力を持った作品です。この作品を見れば、あなたも恐竜の世界に引き込まれることでしょう。ぜひ、映画館や動画配信サービスでお楽しみください。

 

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークの気になることまとめの記事はAIに書いてもらった記事となります。
参考程度に見てください。

(AIの回答には誤りが含まれることがあります。ご注意ください。)

\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年3月31日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/

10000

コメント

タイトルとURLをコピーしました