「ひろがるスカイプリキュア」25話の海外の反応や感想

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

「ひろがるスカイプリキュア」25話の海外の反応や感想

ひろがるスカイプリキュア

『ひろがるスカイ!プリキュア』第25話感想!エルちゃんの動物との交流とあげは先生の心温まる言葉に感動

今日は、2023年7月23日に放送された『ひろがるスカイ!プリキュア』の第25話「ワクワク!プリンセス、動物園に行く!」のあらすじと感想をお伝えします。この記事はSEO対策をしていますので、検索エンジンで見つけやすいように工夫しています。それでは、さっそく見ていきましょう。

あらすじ

この話の主人公は、スカイランドの王国のプリンセスであり、運命の光を持つ『運命の子』でもあるエルちゃんです。エルちゃんはスカイランドからソラシド市にやってきて、ソラ・ハレワタール(キュアスカイ)、虹ヶ丘ましろ(キュアプリズム)、夕凪ツバサ(キュアウィング)、聖あげは(キュアバタフライ)の4人と一緒に暮らしています。4人はプリキュアとして、エルちゃんを狙うアンダーグ帝国と戦っています。

今回は、エルちゃんが動物園に行く話です。エルちゃんは動物と話せる不思議な力があることが判明します。カピバラやゾウやキリンなど、いろいろな動物たちと友だちになります。特にうさぎが大好きで、抱きしめて「おうち、かえろー」と言います。これは第1話で、エルちゃんを誘拐しようとした悪者からソラが助けてくれた時に言った言葉です。エルちゃんはソラからもらった愛情を動物たちにも伝えているのです。

しかし、楽しい時間も束の間、アンダーグ帝国から新たな敵・ミノトンが現れます。ミノトンは武人気質で、強い者と戦うことを望んでいます。彼は恐竜のような怪物・ランボーグを作り出してプリキュアに挑みます。プリキュアはエルちゃんと動物たちを守るために奮闘しますが、ランボーグは手強い相手です。果たしてプリキュアは勝つことができるのでしょうか?

感想

この話は、エルちゃんの動物との交流とあげは先生の心温まる言葉が素敵でした。

  • エルちゃんの動物との交流

エルちゃんは動物と話せる力があることがわかりました。これは彼女がスカイランドのプリンセスであり、運命の光を持つ運命の子であるからでしょうか?それとも、彼女が純真で優しい心を持つからでしょうか?エルちゃんはこれからどんな力が使えるようになるのでしょうか?エルちゃんの成長が楽しみです。

  • あげは先生の心温まる言葉

あげは先生は保育士を目指している18歳の女性です。彼女は子どもや親の気持ちに寄り添っています。今回はエルちゃんが運命の子であることに悩むソラたちに、素晴らしい言葉をかけてくれました。あげは先生は「プリンセスや運命の子じゃなくたって、パパさんママさんみんな悩んでることだし!」と言って、子育ての大変さや不安を共感してくれました。そして、「絵本は何を読んだらいい?ご飯は?習い事は?……」「子どものいいところを伸ばしたくて、素敵な大人になってほしくて、みんな悩みながら育てているんだよ」と言って、親の思いを教えてくれました。あげは先生の言葉には、子どもや親に寄り添う優しさと深い理解が感じられました。あげは先生はプリキュアとしても活躍していますが、保育士としても素晴らしい人になりそうです。

この話は、エルちゃんの動物との交流とあげは先生の心温まる言葉に感動した話でした。

AIによる翻訳なので誤りが含まれることがあります。ご注意ください。
引用元:https://www.reddit.com/
引用元:https://myanimelist.net/

1

エリーが普通のマジック・ベイビーではなく、超特別なマジック・ベイビーであることを知った今、みんながエリーを助けるさまざまな方法を考えているのがいい。フットボール・パッドが出てくるとは思ってなかったよ。

動物園にT-レックスのマスコットがいるの?すごいね。

W A K A R I M A S U

スカイランドにはゾウやキリンはいないけど、シマウマのレコロールがいるんだね。なんて魅力的な場所なんだ。

怪獣サイズのエルレちゃんが街を照らすなんて、私の人生にはもっと必要なことだ。

次の将軍は、ボディビルメソッドで強さにアプローチするんだね。

モルカーも?これはアニメのクロスオーバーのエピソードだ。

どの動物も大将をすぐに察知できるのがいい。

おお、この子はカバトンを知っていて、憎んでいる、かっこいい!

“モヒカンのTレックス “は私のビンゴカードにはなかった。

大将が自分のランボルグをブロックする」というのもなかった。私はもうこの新しい男が好きだ。

エルレちゃんはウサギに餌をやるのを手伝った。

2

>>怪獣サイズのエルレちゃんが街を照らすのは、私の人生にもっと必要なことだ。

同じ

>>将軍は自分のランボルグをブロックする
 
本当に嫌な敵から、立派な敵に180度変わった。これは物事を面白くすると思う。つまり、彼は自分が戦っていることが本当に正しいと思っているということで、この全体的なプロットの和解に貢献するかもしれない。(でも考えすぎか?)
 

>>別の世界では、彼とソラは親友かもしれない(笑)。

結局のところ、悪役の贖罪はこのジャンルの定番なのだ。

4

>>つまり、彼は自分が戦っていることが正しいと本当に思っているのだろう。

第25話まで来て、まだビッグ・バッドの目的がわからないのは魅力的だ。

スポンサーリンク

5

そうだね、もっと知りたいと思っているんだ。アンダーグ帝国について、そして彼らが何を望んでいるのか、私たちは基本的に何も知らない。彼らの取引が何なのか知るのを待っている。

6

アンダーグ帝国はスカイランドにあるのか?

7

もし私の思い通りになるなら、アンダーグ帝国を地球に作り、対立を根本から変え、実際のヒーローが誰なのか疑問を抱かせるようなひねりを加えるだろう。しかし、それは私の考えだ。

8

私の考えもそうだ。

9

もしこれが単なる誤解だったらどうしよう(笑)

10

エルが「運命の子」であるというコンセプトを、子育ての責任に全エピソードを割くことで発展させ、子供たちよりもシリーズを見ている親たちに親近感を抱かせるようなテーマにしているのがとてもいい。フィラーエピソードの書き方としては上出来だ。

10

>>w a k a r i m a s u

>>大将が自分のランボルグをブロックする」こともなかった。私はもうこの新人が好きだ。

こちらこそ。これほど高潔なプリキュアの悪役は、少なくとも私がこれまで見てきたシリーズでは見たことがないと思う。バッタモンダがモラルゼロのクズ野郎だったのとは180度違うから、なおさら良かった。

11

たった1話で、もうみのもんたが大好きになった。彼はかっこいい

豚、バッタ、牛。なかなか面白いラインナップだ。これらの動物がデザインに選ばれたのには何か意味があるのだろうか?

スカイランドには普通の地球の動物がいるんだけど、白と黒じゃなくて青と白なの?疑問だらけだ。

全体的に、冷静なエピソードだった。エリーがチームを見習い、チームから学んでいる様子がとても良かった。

スポンサーリンク

12

前回の予告でこのショットが出てきたとき、私の頭の中にはこの文脈はなかった。全体的にとても楽しくて、しっかりしたエピソードだった。最後の方では、エルがどれだけ成長したかが描かれていて、私は古賀葵が彼女の声を担当するのが好きだ。

私の実際の反応。プリキュアの力を持つことだけが、エルの名刺ではないのだろう。

未就学児向けの番組にしては、とても大人びたメッセージだ。でも、大人もティーンも楽しめる内容だと思う。僕は好きだよ。明日、両親に電話するときに、僕もお礼を言わなくちゃ…。

牛は興味深い悪役で、悪役としては高潔なタイプのようだ。いずれ彼が殺される番が来たら面白いかもしれない。

13

ついに新しい悪者が現れた。私はミノトンが好きだ。ヒーローと戦うときでさえも、それを破ることを拒む明確な掟を持っている悪役には、いつも好感が持てる。彼がランボルグのエルリー襲撃を止めたことで、私はすぐに彼を好きになった。彼はプリキュアたちを正々堂々と戦って倒したいと思っている。常にプリキュアを見下し、どんな汚い手でも使っていたカバトンやバタモンドとは大違いだ。

“お弁当を食べるのが楽しみ!”変わらないね、

エリーは動物と話すことができる!彼女はジャングルの女王だ!なんでそんな力があるんだろう?

アゲハは、自分が選ばれし者であることから、他の人たちがビクビクしている中、エリーをどう育てていけばいいかアドバイスしているのがいい。アゲハは幼い子どもたちに教える勉強をしてきた人だからね。これは彼女の専門分野だ。

エリーが他の子たちの行動やマナーを覚えていくのがとてもかわいかった。他の子供たちと同じように、彼女もお手本を真似しているのだ。それを見ていると、これまでの冒険がより実りあるものに感じられた。彼らの関係がいかに有意義なものであったかを物語っている。

スポンサーリンク

14

さてさて、最近「ふたりはプリキュア」を見終えて、今までこのシリーズを見てきたので、毎週のディスカッションに参加できるようになりました。アメリカンフットボールは、日本ではフットボールパッドなどがあるほど大きなスポーツなのだろうか?あまり深く考えない方がいいのかもしれないが…。スカイランドの貘やスカンクにもブルーのバリエーションがあるのだろうか?

カピバラのランボルギーニが見たかったけど、無生物の方が候補としては上だね。今週のランボルグとミノトンは、他のものに比べて陰影に欠けるような気がしたのは私だけでしょうか?髪の毛でもなく、金属でもないものに陰影をつけることは、今となってはあまりないような気がするんだけど…でも、他の光るものと比べると、恐竜はあまり光っていなかったような…まあ、いいか。とにかく、エリーのコミュニケーション能力がどのように掘り下げられていくのか、興味深いところだ。

15

JPのツイッターではすでに3人の悪者を比較しているが、カバトンがいまだに彼らの明確な勝者であるのに対し、バッタモンはみのもんたの初回放送の後ですでに最下位なのがおかしい。

16

このエピソードの始まり方を見て、がっかりしたことがあるとすれば。無差別にタックルされた選手がいなかったことだ。

かっこいい!エリー姫は動物と話せる。

ミノトンは尊敬できる悪役のようだ。モラルと良識のある人。

17

カベトン/ミノトンの再来に対する心構えができていない

18

ミノトンはすでに良い第一印象を与えている。それぞれの大将に独特のセンスがあるのがいい。楽しいエピソードだし、エリーは相変わらずかわいい。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました