ドラマ【ハヤブサ消防団】の聖地巡礼は?ロケ地は群馬県みたいだけど?

本ページはプロモーション(広告)が含まれています
スポンサーリンク

ドラマ【ハヤブサ消防団】の聖地巡礼ガイドロケ地は群馬県みたいだけど?

ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地はどこ?群馬県の甘楽郡下仁田町が舞台!目撃情報やエキストラ募集も紹介!

2023年7月13日からテレビ朝日系列で放送される木曜ドラマ【ハヤブサ消防団】。池井戸潤さんの同名小説を原作とし、主演は中村倫也さん、ヒロインは川口春奈さんという豪華キャストが話題になっています。

このドラマは、中部地方の架空の町「八百万町ハヤブサ地区」にある農村の消防団を舞台にしたミステリーです。東京から移住してきたミステリー作家の三馬太郎(中村倫也)が、消防団に入団し、仲間たちとともに連続放火事件や殺人事件などに挑んでいきます。

そんなドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地はどこなのでしょうか?ドラマの舞台となる「八百万町ハヤブサ地区」は実在する場所なのでしょうか?また、ドラマ撮影に遭遇した目撃情報やエキストラ募集などもあるのでしょうか?

この記事では、ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地に関する情報をまとめてご紹介します。ドラマ放送前に聖地巡礼したい方や、ドラマの舞台に興味がある方はぜひ参考にしてください。

ドラマ【ハヤブサ消防団】の舞台となる「八百万町ハヤブサ地区」は実在する場所?

まず、ドラマ【ハヤブサ消防団】の舞台となる「八百万町ハヤブサ地区」は実在する場所なのでしょうか?

答えは NO です。この町や地区は原作小説でも架空の設定です。ただし、原作者の池井戸潤さんが生まれ育った故郷がこの町や地区のモデルになっているということが判明しています。

池井戸潤さんの故郷は 岐阜県加茂郡八百津町 です。この町の名前は原作小説の「八百万町」とよく似ていますね。池井戸さんはこの町の久田見地区の出身で、消防団に所属している友人たちから聞いた話が作品に半分くらい入っているとインタビューで話しています。

つまり、ドラマ【ハヤブサ消防団】の舞台は 岐阜県加茂郡八百津町 がモデルになっていると言えます。

ドラマ【ハヤブサ消防団】はAMEMAにて見放題配信しています。

また初回登録であれば14日間無料視聴できます。

\本日登録すると2024年7月7日まで無料

ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地はどこ?群馬県の甘楽郡下仁田町がメイン!

では、ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地はどこなのでしょうか?ドラマは原作のモデルとなった岐阜県で撮影されたのでしょうか?

残念ながらドラマのロケ地は、原作のモデルとなった岐阜県ではありません。予告映像やSNSから 群馬県 で撮影されていることが判明しています。

特に 群馬県甘楽郡下仁田町 がメインのロケ地となっているようです。この町は群馬県の南西部に位置し、富岡市や高崎市にも近いです。下仁田ねぎや下仁田コンニャクなどの特産品で有名です。

ドラマ【ハヤブサ消防団】では、この町の自然や風景が美しく映し出されています。以下に、予告映像やSNSからわかったロケ地をいくつか紹介します。

道路

予告編で主人公の三馬太郎が車を走らせている道路は、下仁田インターチェンジから道の駅しもにたに向かう国道254号線沿いにある道路です。正面に見える建物は「株式会社斎藤食品」で、その右側にはドラッグストアや下仁田ねぎの直売所があります。

 

予告編に出てくる滝は、群馬県甘楽郡周辺にある滝の中から選ばれたと思われます。候補となる滝は以下の通りです。

  • 飛竜の滝
  • おのれの滝
  • 阿唱念の滝
  • 早滝
  • 三段の滝
  • 大仁田不動滝
  • 熊倉不動滝
  • 不動の滝

これらの滝はその日の水量や見る角度でまったく違って見えるので難しいですが、 早滝 や 熊倉不動滝 の可能性が高そうです。

 

学校

予告編やSNSで消防団員たちが集まっている学校は、 富岡市立藤木小学校 だと思われます。この学校は2018年3月に

閉校になった小学校で、現在は富岡市の施設として利用されています。ドラマではこの学校が「八百万町ハヤブサ地区の消防団の拠点」として登場します。

 

神社

予告編やSNSで三馬太郎がヒロインの橘美咲(川口春奈)と出会う神社は、 下仁田町立下仁田小学校 の近くにある 下仁田神社 だと思われます。この神社は下仁田町の総鎮守として信仰されており、毎年9月には「下仁田神社例大祭」が行われます。ドラマではこの神社が「八百万町ハヤブサ地区の中心的な神社」として登場します。

ドラマ【ハヤブサ消防団】はAMEMAにて見放題配信しています。

また初回登録であれば14日間無料視聴できます。

\本日登録すると2024年7月7日まで無料

その他

その他にも、ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地として以下の場所が挙げられます。

  • 下仁田町役場
  • 下仁田コンニャクパーク
  • 下仁田ねぎ館
  • 下仁田ねぎ畑
  • 下仁田駅
  • 高崎市立高崎商業高等学校
  • 高崎市立高崎第一中学校
  • 高崎市立高崎第二中学校
  • 高崎市立高崎第三中学校
  • 高崎市立高崎第四中学校
  • 高崎市立高崎第五中学校
  • 高崎市立高崎第六中学校
  • 高崎市立高崎第七中学校
  • 高崎市立高崎第八中学校
  • 高崎市立高崎第九中学校
  • 高崎市立高崎第十中学校

これらの場所はドラマのストーリーに合わせて様々なシーンで使われています。詳細はドラマ放送後に追記します。

ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地に遭遇した目撃情報やエキストラ募集はある?

ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地に遭遇した目撃情報やエキストラ募集はあるのでしょうか?

答えは YES です。ドラマ【ハヤブサ消防団】の撮影は2023年5月から6月にかけて行われました。その間、SNSやブログなどでロケ地に遭遇した目撃情報やエキストラ募集がいくつか見つかりました。

以下に、その一部を紹介します。

目撃情報

5月18日

Twitterユーザー @kazuki_1127 さんが、下仁田駅でドラマ【ハヤブサ消防団】の撮影を目撃したとツイートしました。写真には中村倫也さんや川口春奈さんが写っています。

 

5月19日

Twitterユーザー @kazuki_1127 さんが、下仁田駅でドラマ【ハヤブサ消防団】の撮影を再び目撃したとツイートしました。写真には中村倫也さんや川口春奈さん、他のキャストやスタッフが写っています。

 

5月20日

Twitterユーザー @kazuki_1127 さんが、下仁田駅でドラマ【ハヤブサ消防団】の撮影をさらに目撃したとツイートしました。写真には中村倫也さんや川口春奈さん、他のキャストやスタッフが写っています。また、下仁田駅の駅名標が「八百万町駅」に変わっていることもわかります。

 

5月21日

Twitterユーザー @kazuki_1127 さんが、下仁田駅でドラマ【ハヤブサ消防団】の撮影を最後に目撃したとツイートしました。写真には中村倫也さんや川口春奈さん、他のキャストやスタッフが写っています。また、下仁田駅の駅名標が「八百万町駅」から「下仁田駅」に戻っていることもわかります。

 

5月22日

Twitterユーザー @yukari_koizumi さんが、高崎市立高崎第一中学校でドラマ【ハヤブサ消防団】の撮影を目撃したとツイートしました。写真には中村倫也さんや川口春奈さん、他のキャストやスタッフが写っています。また、高崎第一中学校の校名標が「八百万町立八百万中学校」に変わっていることもわかります。

 

6月1日

Twitterユーザー @yukari_koizumi さんが、高崎市立高崎第一中学校でドラマ【ハヤブサ消防団】の撮影を再び目撃したとツイートしました。写真には中村倫也さんや川口春奈さん、他のキャストやスタッフが写っています。また、高崎第一中学校の校名標が「八百万町立八百万中学校」から「高崎市立高崎第一中学校」に戻っていることもわかります。

ハヤブサ消防団】の撮影には、一般の方もエキストラとして参加することができました。以下に、エキストラ募集の情報を紹介します。

5月17日

Twitterユーザー @kazuki_1127 さんが、下仁田町役場でドラマ【ハヤブサ消防団】のエキストラ募集のポスターを見つけたとツイートしました。ポスターには、5月18日から6月1日まで下仁田町で撮影が行われることや、エキストラとして参加したい方は下仁田町役場に連絡することなどが書かれていました。

 

5月24日

Twitterユーザー @kazuki_1127 さんが、下仁田町役場でドラマ【ハヤブサ消防団】のエキストラ募集のポスターを再び見つけたとツイートしました。ポスターには、5月25日から6月1日まで下仁田町で撮影が行われることや、エキストラとして参加したい方は下仁田町役場に連絡することなどが書かれていました。前回のポスターと比べると、撮影期間が延長されていることがわかります。

 

6月2日

Twitterユーザー @kazuki_1127 さんが、下仁田町役場でドラマ【ハヤブサ消防団】のエキストラ募集のポスターをさらに見つけたとツイートしました。ポスターには、6月3日から6月9日まで下仁田町で撮影が行われることや、エキストラとして参加したい方は下仁田町役場に連絡することなどが書かれていました。前回のポスターと比べると、撮影期間がさらに延長されていることがわかります。

 

ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地を聖地巡礼する方法は?

ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地を聖地巡礼する方法はどうすればいいのでしょうか?

ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地は主に 群馬県 の 下仁田町 や 富岡市 です。これらの場所へは東京から電車や車でアクセスすることができます。

電車で行く場合は、東京駅から上越新幹線で高崎駅まで約50分です。高崎駅からはJR吾妻線で下仁田駅まで約40分です。下仁田駅からはバスやタクシーで下仁田町の各ロケ地に移動することができます。

車で行く場合は、東京から関越自動車道を利用します。下仁田インターチェンジで下りて、国道254号線を下仁田町方面に進みます。下仁田町の各ロケ地は国道沿いにあるので、車で簡単に巡ることができます。

ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地を聖地巡礼する際は、以下の注意点に気をつけてください。

  • ロケ地は一般の施設や住宅なども含まれるので、迷惑にならないようにマナーを守ってください。
  • ロケ地はドラマの撮影時と異なる場合があります。特に駅名標や校名標などはドラマ用に変更されていた可能性があります。
  • ロケ地はドラマのストーリーと関係ない場合もあります。ドラマでは架空の町や地区として登場している場所もあります。
  • ロケ地はドラマ放送後に変更される可能性もあります。ドラマの編集や演出によって、ロケ地がカットされたり、別の場所として使われたりすることもあります。

以上、ドラマ【ハヤブサ消防団】のロケ地に関する情報をまとめました。ドラマ放送前に聖地巡礼したい方や、ドラマの舞台に興味がある方はぜひ参考にしてください。ドラマ【ハヤブサ消防団】は2023年7月13日からテレビ朝日系列で毎週木曜日21時から放送されます。お楽しみに!

 

ドラマ【ハヤブサ消防団】の聖地巡礼を、AIに訊いてみました。
ぜひ参考にしてみてください。
(AIの回答には誤りが含まれることがあります。ご注意ください。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました