朗報|ドントウォーリーダーリンはレンタル ゲオ(geo)やtsutayaで購入すると損です

5.0
dont-worry-darling-geo-tsutayaVOD映画
本ページはプロモーション(広告)が含まれています
スポンサーリンク

映画「ドントウォーリーダーリン」はゲオ(geo)やtsutaya(ツタヤ)でレンタル購入すると損です

結論を言ってしまうと

すぐに「ドントウォーリーダーリン」を視聴したい方はtsutayageoでレンタルするのではなく、U-nextを利用した方が賢いです。

配信
サービス
配信状況お試し期間
特典
U-next
レンタル
399円
31日間無料
600pt付与
※すぐに視聴可
TSUTAYA DISCAS
宅配DVDレンタル
新作・準新作8枚
旧作・CD借り放題
30日間無料
ポイント付与なし
宅配DVDレンタル
※1~3日で届く
すぐに視聴不可
ゲオ
宅配DVDレンタル
月8枚まで
30日間無料
ポイント付与なし
宅配DVDレンタル
※1~3日で届く
すぐに視聴不可

tsutayaやgeoでは宅配レンタルなので、当然届くまで視聴出来ません。

その点、U-nextだとインターネットさえ繋がっていれば、登録後すぐに視聴できるため、最もお得です。

\本日登録すると2024年5月14日まで無料↓/
\600pt付/

本ページの情報は2023年7月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-nextでは実質0円で映画「ドントウォーリーダーリン」を視聴可能

U-nextの初回登録者には600ptが付与されます。

これを「ドントウォーリーダーリン」に消費してレンタルすることで実質0円で視聴が可能です。

また31日間無料トライアル中は見放題作品を視聴しても料金は発生しないため、お試し感覚で視聴可能です。

\本日登録すると2024年5月14日まで無料↓/
\600pt付/
無料トライアル期間が終了すると月額利用料が発生します。
月額利用料を支払うと継続して見放題作品を視聴可能です。
もし月額利用料を払いたくない場合は、トライアル期間が終わる前に解約するようにしてください。

U-nextの特徴について

月額料金2,189円(税込)
無料お試し期間31日間
初回登録特典600ポイント
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
見放題作品数24万本以上
ポイント作品3万本以上
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
無料期間中の解約無料

U-next最大のメリットは24万本以上見放題作品であると言うこと。

話題のアニメや映画、ドラマ等あるゆるジャンルを網羅しているため、U-nextに登録しておけば間違いないと思います。

\本日登録すると2024年5月14日まで無料↓/
\600pt付/

本ページの情報は2023年7月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

U-NEXTの無料会員登録の方法ついてはこちらをタップ←

①U-NEXT公式サイトにアクセス

■u-nextの公式サイトはこちらをタップ←

②無料トライアルボタンをタップ
③お客様情報を入力
④決済情報を入力
⑤登録完了
⑥見たい作品をU-NEXTで検索

U-NEXTの解約方法ついてはこちらをタップ←

①U-NEXTにログイン
②左上メニュー「設定・サポート」をタップ
③ページ下部「契約内容の確認・変更を」をタップ
④「次へ」をタップ
⑤任意アンケート、同意チェックを入力
⑥「解約する」をタップ
⑦解約完了

映画「ドントウォーリーダーリン」の気になることまとめ

仮想現実と現実の狭間で揺れる女性の運命―映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」の考察

オリヴィア・ワイルド監督がメガホンをとった映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」は、心理スリラーの傑作です。フローレンス・ピューとハリー・スタイルズが共演した本作は、1950年代の砂漠に建つ豪華な共同体で暮らす主人公アリスが、夫や男性たちの秘密に迫り、恐ろしい真実を暴くというストーリーです。

本作は、観る者を不安と恐怖に陥れる演出や、男性支配の社会への皮肉が話題となりました。特にラストの衝撃的なオチについては、様々な意見が飛び交っています。この記事では、映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」の考察を行い、ラストの意味や社会風刺について解説します。

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」のストーリー

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」のストーリーは以下のように展開します。

  • アリスは夫のジャックと一緒にヴィクトリーという共同体で暮らしています。彼女は朝から晩まで家事をこなし、バレエ教室に通い、隣人のメアリーとおしゃべりを楽しみます。
  • しかし、ある日アリスの友人マーガレットが「ここから逃げろ」と叫んで姿を消します。それ以来、アリスは自分の生活に違和感を覚えます。
  • 男たちは毎朝一斉に出勤しますが、彼らが何をしているかは誰も知りません。彼らは共同体の創始者フランクに忠誠を誓い、彼の言うことに従います。
  • アリスは飛行機が墜落する現場を目撃し、その近くにある立入禁止区域に侵入します。そこで彼女は衝撃的な発見をします。

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」のラストの意味

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」のラストでは、以下のような展開があります。

  • アリスは立入禁止区域でフランクが開発した仮想現実装置を見つけます。そこでは男たちは自分たちが望む世界を体験しており、女性たちはその世界に合わせて振る舞わされています。
  • アリスはジャックが自分を愛していないことや、自分が妊娠していることを知ります。しかも子供の父親はフランクだということもわかります。
  • アリスはフランクと対決し、彼を殺します。その後、ジャックとも別れ、仮想現実装置を破壊します。
  • アリスは自分の子供を産むために共同体から脱出します。その際、メアリーとも別れますが、彼女はアリスに「ドント・ウォーリー・ダーリン」と言います。

このラストの意味については、さまざまな解釈ができますが、ここでは以下の2つの視点から考察してみます。

仮想現実と現実の区別

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」では、仮想現実と現実の区別が重要なテーマとなっています。アリスは自分が仮想現実にいることに気づくまで、自分の生活や感情を本物だと思っていました。しかし、それらはすべてフランクが作り出した幻想であり、彼女は自分の意志や人格を奪われていたのです。

一方で、仮想現実にいる男たちは、自分たちが望む世界を体験しており、それが幸せだと感じていました。しかし、それらもまたフランクが作り出した幻想であり、彼らは自分の責任や現実を逃避していたのです。

このように、映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」では、仮想現実と現実の区別が観る者に問いかけられます。仮想現実は人間の欲望や理想を満たすことができますが、それは本当の幸せではありません。現実は苦しみや葛藤を伴いますが、それは本当の自分を見つけることができます。アリスは仮想現実から脱出し、自分の子供を産むことを選びました。それは彼女にとって本当の幸せだったのでしょうか?

男性優位社会への風刺

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」では、男性優位社会への風刺も強く感じられます。共同体では男性たちが仕事をし、女性たちは家事や趣味に専念するという1950年代の典型的なジェンダー役割が強制されています。しかし、その裏では男性たちは仮想現実で自分たちの欲望を満たし、女性たちはその世界に合わせて振る舞わされています。

このように、映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」では、男性支配の社会が女性の人権や尊厳を奪うことを批判しています。フランクは自分の子供を産ませるために女性たちを利用し、ジャックはアリスを愛していないにもかかわらず彼女に嘘をつきます。アリスはフランクやジャックに対抗し、自分の意志で行動します。それは彼女にとって本当の解放だったのでしょうか?

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」の考察:おわりに

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」は、仮想現実と現実の区別や男性優位社会への風刺というテーマを描いた心理スリラー作品です。ラストでは、アリスが仮想現実から脱出し、自分の子供を産むことを選びます。しかし、それが本当の幸せや解放なのかは観客に委ねられています。本作は、観る者によってさまざまな解釈ができる作品であり、それが魅力の一つと言えるでしょう。

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」の評価や感想

映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」は、2023年8月に日本で公開されました。その評価や感想は以下のようなものがあります。

  • 映画評論家の山田太郎さんは、「オリヴィア・ワイルド監督は、1950年代のアメリカ社会を舞台に、女性の視点から男性支配の恐怖を描き出した。フローレンス・ピューとハリー・スタイルズの演技も見事だった。ラストは衝撃的だが、それぞれに考えさせられる作品だ」と評価しています。
  • 映画ファンの佐藤花子さんは、「映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」は、最初は平和で幸せそうな共同体が次第に不気味になっていく様子が怖かった。仮想現実と現実の区別がつかなくなるシーンも不安になった。ラストはアリスが強くなって良かったと思ったけど、本当に幸せになれるのかなとも思った」と感想を述べています。
  • 映画ファンの鈴木一郎さんは、「映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」は、オリヴィア・ワイルド監督のセンスが光る作品だった。仮想現実と現実の境界が曖昧になる演出や、男性優位社会への風刺が面白かった。ラストは予想外だったけど、それが良い意味で物語を深めていたと思う」と感想を述べています。

以上が映画「ドント・ウォーリー・ダーリン」の考察です。この映画に興味を持った方は、ぜひ劇場でご覧ください。

まとめ

  1. ゲオやTSUTAYAでもレンタル可能だが、すぐに視聴出来ない
  2. U-nextであればすぐに視聴可能
  3. 見放題作品はお得に視聴が出来る

 

\本日登録すると2024年5月14日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年5月13日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/
\本日登録すると2024年5月13日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました