「最新」映画 第7鉱区はwowow、tsutayaで見れる?サブスク情報

5.0
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

「最新」映画「第7鉱区」wowowやtsutayaで見れる?vodサブスク情報まとめ

先に結論を言ってしまうと下記の通りです

  1. wowowでは視聴出来ない
  2. tsutayaでは視聴できるが宅配レンタルなのですぐに視聴出来ない
  3. U-nextであれば動画配信サービスなのでネットで登録後すぐに視聴可能
  4. またU-next31日間の無料トライアルでお試し視聴可能

 

家から一歩も出ずにすぐに「第7鉱区」を視聴したいならU-next一択だと思います。

ただU-nextってどんな動画配信サービスなの?と知りたい方は下記をご覧ください↓

\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\600pt付/


画像引用元:U-next

U-NEXTは国内最大の配信サービスで東証一部上場している超一流企業ため安心して見ることができます。

U-nextの特徴について

月額料金2,189円(税込)
無料お試し期間31日間
初回登録特典600ポイント
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
見放題作品数24万本以上
ポイント作品3万本以上
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
無料期間中の解約無料

U-next最大のメリットは24万本以上見放題作品であると言うこと。

話題のアニメや映画、ドラマ等あるゆるジャンルを網羅しているため、U-nextに登録しておけば間違いないと思います。

ちなみに初回特典で600ptがもらえるのですが、話題の新作映画や漫画などの有料作品に使う事ができます。

\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\600pt付/

第7鉱区の動画配信状況まとめ

人気の高い動画配信サイト順に並んでいます。

配信
サービス
配信状況お試し期間/特典
U-next
見放題
31日間無料
600pt付与
TSUTAYA DISCAS
DVDレンタル
30日間無料
ポイント付与なし
宅配DVDレンタル
wowow
配信なし
初月無料
ポイント付与なし
Amazonプライムビデオ
配信なし
30日間無料
ポイント付与なし
Hulu
配信なし
無料期間なし
ポイント付与なし
DMM TV
配信なし
30日間無料
550円
550P付与
Netflix
配信なし
無料期間なし
990円
ポイント付与なし
第7鉱区はU-nextとTSUTAYA DISCASにて視聴できますが

「どれに登録しようか迷う方は」

u-next一択です。

U-nextがおすすめな理由

まずはU-nextとTSUTAYA DISCASを比較してみました。

U-nextTSUTAYA DISCAS
月額料金2,189円(税込)2,052円(税込)
無料お試し期間31日間30日間
初回登録特典600ポイントなし
継続特典1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
新作DVD8本レンタル可能
見放題作品数24万本以上1000本以上
取扱作品数27万本以上35万本以上
月間レンタル可能枚数-新作・準新作:8枚/旧作・まだまだ話題作:借り放題
(※お試し期間中の新作レンタル不可)
ポイント作品3万本以上なし
ダウンロード機能
対応デバイススマホ・PC・タブレット・テレビスマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数4台購入作品に限り2台まで
主な配信作品ジャンル最新洋画
最新邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
ドキュメンタリー
キッズ
国内ドラマ
海外ドラマ
韓流ドラマ
アニメ
邦画
洋画など
無料期間中の解約無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能
無料(違約金なし)
縛りなし
いつでも解約可能

U-nextとTSUTAYA DISCASの最大の違い視聴出来るまでの時間です。

U-nextはネットで登録がすぐに視聴出来ますが、TSUTAYA DISCASでは宅配レンタルなので視聴出来るまで最大3日かかります。

また在庫がなければ視聴もできません。

よって第7鉱区を視聴するならU-nextで視聴するのが賢いですね。

そして無料トライアル中に解約をすれば、月額利用料が一切発生しないためかなりお得ですね。

\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年3月31日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/
本ページの情報は2024年1月時点のものです。
最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。
U-NEXTの無料会員登録の方法ついてはこちらをタップ←
U-NEXTの解約方法ついてはこちらをタップ←

ここまでのまとめ

  1. wowowは視聴出来ない
  2. U-nextやTSUTAYA DISCASで視聴出来る
  3. U-nextではすぐに視聴出来るがTSUTAYA DISCASは届くまで待つ必要がある

映画「第7鉱区」wowowやtsutayaで見れる?の気になることまとめ

『第7鉱区』は深海の恐怖と人間の絆が交錯するアクション大作!見どころを5つのポイントで解説!

2011年に韓国で公開された映画『第7鉱区』は、深海に潜む謎の生物との死闘を描いたアクション映画です。東シナ海の石油採掘区域・第7鉱区で働くヘジュンら石油ボーリング号のクルーは、撤収命令を受けますが、そのとき不気味な深海生物が現れて次々と人間を襲います。ヘジュンたちは、生物の正体を探るうちに、驚くべき事実を知ります。それは、人間が作り出した怪物だったのです。この記事では、映画『第7鉱区』の見どころを5つのポイントでご紹介します。

1. ハ・ジウォンとアン・ソンギが演じる強いキャラクター

映画『第7鉱区』の主人公は、海底装備マネジャーのヘジュンと、本部から撤収命令を伝えに来たジョンマンです。ヘジュンは、韓国を代表するスター俳優のハ・ジウォンが演じました。ハ・ジウォンは、「朝鮮美女三銃士」「TSUNAMI ツナミ」などのアクション映画で活躍しており、本作でも水中でのアクションシーンに挑戦しました。ヘジュンは、7鉱区に石油があると信じて最後まであきらめない強い女性です。ジョンマンは、韓国の名優アン・ソンギが演じました。アン・ソンギは、「シルミド」「光州5・18」などの社会派映画で知られており、本作では初めて3D映画に出演しました。ジョンマンは、ベテランの隊員で、ヘジュンたちと協力して生き残るために奮闘します。ヘジュンとジョンマンの関係は、最初は反発し合っていたものの、次第に心を通わせるようになります。ジョンマンは、ヘジュンに石油採掘の夢を託し、自ら犠牲になって彼女を救います。ヘジュンは、ジョンマンの死を悼みながらも、彼の遺志を継いで生きる決意をします。この二人の感動的なシーンは、観客の涙を誘いました。

2. デジタル・ドメイン社が制作した迫力の3D映像

映画『第7鉱区』は、3D映画として制作されました。3D映像の制作には、ハリウッドのデジタル・ドメイン社が協力しました。デジタル・ドメイン社は、「タイタニック」「トランスフォーマー」などの大作映画で有名なVFX制作会社です。本作では、海底や船内のリアルなセットや、深海生物の恐ろしい姿をCGで表現しました。特に、深海生物が船を襲うシーンや、溶岩の噴出するシーンなどは、3D映像の迫力で臨場感を高めました。また、音響効果も素晴らしく、水中や船内の音や、深海生物の鳴き声などがリアルに聞こえました。3D映像と音響効果のコラボレーションで、観客はまるで海底の世界に入り込んだような感覚になりました。

3. 深海の謎に迫るサスペンスフルなストーリー

映画『第7鉱区』は、アクション映画でありながら、サスペンスフルなストーリーも楽しめます。深海に潜む謎の生物は、一体何なのか?どこから来たのか?どうして人間を襲うのか?という疑問が次々と湧いてきます。ヘジュンたちは、生物の正体を探るために、海底の洞窟や船内のラボに足を踏み入れます。しかし、そこには想像を超える驚愕の事実が待っていました。生物の正体は、実は人間が作り出したものだったのです。それは、石油採掘のために、深海生物の遺伝子を改造した結果、暴走した怪物になってしまったのです。この衝撃の展開は、観客の目を釘付けにしました。

4. 人間の絆と生きる意味を描いた感動的なドラマ

映画『第7鉱区』は、深海の恐怖と人間の絆と生きる意味を描いた感動的なドラマでもあります。ヘジュンたちは、深海生物に襲われる中で、互いに助け合い、信頼し、愛し合います。特に、ヘジュンとジョンマンの関係は、最初は反発し合っていたものの、次第に心を通わせるようになります。ジョンマンは、ヘジュンに石油採掘の夢を託し、自ら犠牲になって彼女を救います。ヘジュンは、ジョンマンの死を悼みながらも、彼の遺志を継いで生きる決意をします。この二人の感動的なシーンは、観客の涙を誘いました。また、ヘジュンたちの仲間たちも、それぞれに家族や恋人や夢を持っており、生きる希望を失わないように励まし合います。彼らの人間味あふれるドラマは、観客の心に深く刻まれました。

5. 韓国映画ならではの独自の視点とメッセージ

映画『第7鉱区』は、韓国映画ならではの独自の視点とメッセージを持っています。本作は、日韓共同開発区域という設定で、日本と韓国の関係にも触れています。日本の石油会社は、7鉱区に石油がないと判断して撤収を命じますが、韓国の隊員たちは、石油があると信じて最後まであきらめません。この対立は、日韓の歴史的な問題や経済的な格差を反映しています。しかし、本作は、日韓の対立を煽るのではなく、協力と理解を促す作品です。深海生物の襲撃によって、日本と韓国の隊員たちは、互いに助け合い、友情を育みます。また、深海生物の正体は、人間が作り出したものであり、石油採掘のために自然を破壊した結果だということが明らかになります。このことは、人間の欲望と自然の調和について考えさせられます。本作は、アクションとサスペンスだけでなく、人間と自然、日本と韓国の関係についても深く描いた作品です。

以上、映画『第7鉱区』の見どころを5つのポイントで解説しました。本作は、深海に潜む謎の生物との死闘を描いたアクション映画ですが、それだけではなく、人間の絆や生きる意味、自然との関係などもテーマにした感動的なドラマでもあります。ハ・ジウォンとアン・ソンギの豪華キャスト、デジタル・ドメイン社が制作した迫力の3D映像、深海の謎に迫るサスペンスフルなストーリー、韓国映画ならではの独自の視点とメッセージなど、見どころは満載です。あなたも、この映画を観て、深海の恐怖と人間の温かさを感じてみませんか?

第7鉱区の気になることまとめの記事はAIに書いてもらった記事となります。
参考程度に見てください。

(AIの回答には誤りが含まれることがあります。ご注意ください。)

\本日登録すると2024年4月1日まで無料↓/
\600pt付/
\本日登録すると2024年3月31日まで無料↓/
\無料期間中に解約すれば料金の発生なし!/

10000

コメント

タイトルとURLをコピーしました