「危険」ブルバスターを漫画ロウ/漫画バンク/zip/rar/pdf/nyaaでfree dlすると後悔する末路…

bullbuster-manga1000-raw-bank-zip-rar-pdf-free-dl-nyaa漫画
本ページはプロモーション(広告)が含まれています

「危険」ブルバスターを漫画ロウ/漫画バンク/zip/rar/pdf/でfree dlすると後悔する末路…

まずはじめに、この記事を見る方はかなり運の良い方です。

なぜなら漫画ロウ/漫画バンク/zip等の違法サイトウィルス感染や逮捕されずに済むからです。

この記事では違法サイトの危険性合法的に無料や安く漫画を読む方法についてご紹介していきます。

「危険」ブルバスターを漫画ロウ/漫画バンク/zip/rar/pdf/でfree dlするとどうなる?

さて違法サイトで読んだりダウンロードをすると下記の危険性があります。

令和2年で363件の違法ダウンロードを含めた著作権法違反によって検挙されています。

また現在のウィルスはサイトを閲覧しただけで感染したり、違法サイトにある広告から感染します

そして何度も違法サイトにアクセスしているヘビーユーザーは警察に狙われやすいため本当に気を付けた方が良いです。

no name

違法サイトでダウンロードしたりアクセスするとIPアドレスがわかるんだ。
IPアドレスは簡単に言うと家で言う住所にあたるんだけどそれを特定されて人生終わるよ

漫画|ブルバスターを合法的に無料や安く漫画を見る方法について

合法的に無料や安く漫画を見る方法は電子書籍サービスを利用することです。

電子書籍サービスは初回登録時クーポンを配布をしており、これを利用することでめちゃくちゃ安くなります。

そこで大手電子書籍サービスを比較し無料で読めるのか?最安値はどのサービスなのか?

表にしてまとめました。

漫画|ブルバスターを|電子書籍サービス価格比較

漫画|ブルバスター は現在全巻31冊まで発売されております。

サイト名配信状況無料期間/特長
DMMブックス

 

最安値
配信中
1冊:143
※クーポンを使用

 

無料会員で利用可
対象作品90%OFFクーポン
※上限2,000円まで割引
※時期によってクーポン変動あり

ebookjapan

 

配信中

1冊:495円~
※クーポンを使用

 

無料会員で利用可
6回使える70%OFFクーポン
※上限5000円まで割引
※6冊までは1冊ずつ購入するとお得

AMEBA漫画

配信中

1冊:1,300円~
※クーポンを使用

 

無料会員で利用可

100冊まで半額※1回限り

コミックシーモア

配信中
1冊:1,000円~
※クーポンを使用

 

無料会員で利用可
1冊70%OFFクーポン
※割引上限なし

漫画王国


配信なし

無料会員で利用可

最大50%pt還元

2023年9月時点の情報になります。最新の情報は公式サイトで確認して下さい

ここまでの結論

  1. 1冊購入であればDMMブックスが一番安い
  2. 全巻であればAmeba漫画が一番安い

 

電子書籍サービスで読むコツとしては初回登録時のクーポンを上手く利用することです。

そして全巻であればAmeba漫画が一番安いです。

複数の電子書籍サービスに登録することでめちゃくちゃ安く漫画|ブルバスターを読むことが出来るので一度お試し感覚で利用してみてください。

no name

後、配布するクーポンは予告なく変更や終了する可能性があるから、早めに利用してね。

下記がタップ出来るなら、まだクーポンを配布中だよ。

\100冊までALL40%OFF/

昔はネットで漫画を読むとしたら漫画raw/漫画ロウ/漫画bankなどの力を借りて読むしかなかったのですが、

ブルバスターの気になることまとめ

ロボットヒーローのリアルな物語『ブルバスター』を読んでみた

映像監督・中尾浩之と漫画家・窪之内英策が手がけるオリジナルプロジェクト『ブルバスター』の小説版についてご紹介します。この作品は、謎の生物“巨獣”に立ち向かう害獣駆除会社・波止工業の物語で、ロボットヒーローという夢と、コストという現実の狭間で奮闘する主人公たちの姿が描かれています。この記事では、『ブルバスター』の内容や魅力、評価と感想をお伝えします。

『ブルバスター』とはどんな作品?

『ブルバスター』は、2018年からKADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」で連載されているオンライン小説です。書籍化もされており、現在は2巻まで発売されています。また、2023年10月からはテレビアニメも放送される予定です。

物語は、火山性の有毒ガスと共に出現した正体不明の生命体「巨獣」によって島民の故郷が奪われた龍眼島が舞台です。ロボット開発者の沖野鉄郎は、巨獣発生要因の解明と龍眼島奪還のために設立された害獣駆除会社「波止工業株式会社」に、ロボット操縦者として出向します。しかし、ロボットや武器を使うには莫大な費用がかかります。鉄郎は社長の田島鋼二ら同僚たちと共に、コスト管理に頭を悩ませながらも巨獣駆除に挑んでいきます。

『ブルバスター』の見どころは?

『ブルバスター』の見どころは、「本当にリアルなロボットヒーローとは?」という原作者・中尾浩之の問いから生まれたということです。一般的なロボットアニメや特撮作品では、ロボットや武器の開発や運用にかかる費用や労力があまり重視されませんが、『ブルバスター』ではそれらが重要な要素となっています。例えば、

  • ロボットは高価であり、購入するだけでなくレンタルすることも可能です。
  • ロボットを操縦するパイロットはプロフェッショナルであり、給料や労働条件が決められています。
  • ロボットや武器を使用する際には燃料費や弾薬代がかかります。
  • ロボットや武器が損傷した場合には修理費や保険金が必要です。
  • ロボットや武器を改良するためには研究開発費や設備投資が必要です。

これらのコストと利益のバランスを考えながら、波止工業は巨獣駆除の契約を取り付け、収入を得ようとします。しかし、巨獣の正体や目的は不明であり、その行動パターンや能力も予測不能です。また、巨獣駆除には政府や軍、企業などの様々な利害関係者が絡んでおり、波止工業はそれらとの交渉や競争にも巻き込まれます。さらに、波止工業の社員たちにもそれぞれに秘密や過去があり、それが物語に影響を及ぼします。

こうした“経済的に正しい”視点で描かれるロボット作品は、現代社会の問題や人間性をリアルに反映しています。ロボットヒーローという夢と、コストという現実の狭間で奮闘する主人公たちの姿には、読者も共感や感動を覚えるでしょう。

また、『ブルバスター』は、ロボットや武器のデザインや設定、巨獣との戦闘シーンも見どころです。ロボットや武器は漫画家・窪之内英策が担当しており、かっこよくて機能的なものが多く登場します。巨獣との戦闘シーンは迫力があり、ロボットや武器の性能や特徴を活かした戦略や工夫が見られます。テレビアニメでは、これらのシーンがどのように映像化されるかも楽しみです。

『ブルバスター』の評価と感想は?

『ブルバスター』は、小説投稿サイト「カクヨム」で連載されているオンライン小説ですが、その評価は非常に高く、現在までに約100万PVを超えています。また、書籍化された2巻までのレビューも多く寄せられており、Amazonでは5つ星中4.5つ星という高評価を得ています。読者からは以下のような感想が寄せられています。

  • 「ロボットヒーロー物語としても面白いし、経済的な視点から描かれる現代社会の問題や人間性にも深みがある。登場人物も魅力的で感情移入できる。」
  • 「コストと利益のバランスを考えながら巨獣と戦う波止工業の苦労や工夫がリアルで興味深い。巨獣の正体や目的も気になるし、波止工業の社員たちの秘密や過去もドラマチックだ。」
  • 「ロボットアニメや特撮作品が好きな人にはたまらない作品だと思う。ロボットや武器のデザインや設定がかっこいいし、巨獣との戦闘シーンも迫力がある。経済的な視点で描かれることで、よりリアルで深みのある物語になっている。」

『ブルバスター』を読んでみよう

『ブルバスター』は、映像監督・中尾浩之と漫画家・窪之内英策が手がけるオリジナルプロジェクト『ブルバスター』は、謎の生物“巨獣”に立ち向かう害獣駆除会社・波止工業の物語です。ロボットヒーローという夢と、コストという現実の狭間で奮闘する主人公たちの姿が描かれています。この作品は、小説投稿サイト「カクヨム」で連載されており、書籍化やアニメ化もされています。ロボットアニメや特撮作品が好きな人はもちろん、経済や社会に興味のある人にもおすすめの作品です。ぜひ一度読んでみてください。

こちらはAIに書いてもらった記事となります。参考程度に見てください。
(AIの回答には誤りが含まれることがあります。ご注意ください。)

まとめ

  1. ブルバスター を漫画raw/nyaa/漫画ロウ/漫画バンク/漫画ごはん/漫画play/zip/pdf/rar/を読むとウィルス感染や逮捕されたりする
  2. 初回クーポンを利用して複数に登録し、お得に購入する

 

\100冊までALL40%OFF/

コメント

タイトルとURLをコピーしました