主に芸能(熱愛・結婚・離婚・アイドル)のニュース|最新のトレンド情報をお届けします!

X-Overd (クロスオーバード) は無課金・課金なしでも余裕な件について

      2016/08/31

Pocket

SnapCrab_NoName_2016-8-10_5-10-2_No-00

X-Overd (クロスオーバード)をやりたいけど課金しないと強くなれないの?無課金でも楽しくプレイ出来そう?という悩みの種を解決していきます。

多くあるブラゲーRPGの中で私は最候補と言っても過言ではないぐらいこのゲームは面白いですね。総合的に言えば無課金~微課金のプレイヤーに対して長く付き合えるゲームです。

課金なしでも十分強い相手と渡り合え難易度が高い限定ダンジョンでも普通にクリアー出来ます。

X-Overd(クロスオーバード)の公式サイト(無料登録)はこちら←

無課金(課金なし)でも十分やっていける理由について

その1:SSR・SRキャラがぽんぽん手に入る

SSR・SRがなかなかでなくて嘆くかたも多いと思いますがX-Overdではかなりの確率でぽんぽんでます。実際にやってみて実感して欲しいですが運営さん利益大丈夫?ってほどでます。10回やれば良いのが出るので無課金でも十分やっていきます。

武器ガチャも同様に出ます。

ちなみにステージクリアーするとたまにSR以上のキャラが手に入ることもあるります。

SSR→めっちゃ強いキャラ

SR→そこそこ強いキャラ

R→まぁまぁ強いキャラ

その2:クリスタルが簡単に手に入る

SnapCrab_NoName_2016-8-10_6-24-47_No-00

無課金でも楽しめる理由としてこれが一番ですね。

ガチャを引く際に必要なアイテムはクリスタルシャード異国の金貨・銀貨、ルビーです。

クリスタルについて

クリスタルを入手する方法は課金またはゲーム内で集めることです。

こういったゲームはクエストやイベントなどの報酬にてガチャを引くに必要なアイテムを手に入れる仕様が多いと思いますが中には課金させようと報酬を絞っているゲームも少なくはありません。

しかしX-Overdではイベントやログインボーナスを除いて普通にステージをクリアーしていけばクリスタルが800個以上入手出来ます。

ガチャは1回に付きクリスタルが5個必要で2連で10個必要となります。

100個集めれば10回ガチャ引けるので前述でお話した通り10回ぐらいやれば何かしら良いキャラと巡り会えると思います。

シャードについて

シャードは1回ガチャをすると50シャードもらえイベントやクエストをこなすとさらにもらえます。

シャードは武器と漢ガチャ回すに必要なアイテムです。

シャードは課金では入手できないのでゲーム内で頑張って集めていきます。

10個で1回ガチャ、20個で2回ガチャ

漢ガチャ→男キャラ

異国の金貨、銀貨について

SnapCrab_NoName_2016-8-14_6-21-16_No-00

 

SnapCrab_NoName_2016-8-14_6-21-22_No-00

異国の金貨・銀貨は交易を通じて入手出来るアイテムです。課金では金貨・銀貨を入手できないのでゲーム内の報酬で入手するしかありません。

金貨ではSSRのジョブが確定でゲット出来て、銀貨では武器をゲット出来ます。

交易とは女の子達を派遣して報酬を得る。

ルビーについて

SnapCrab_NoName_2016-8-14_6-49-29_No-00

ルビーはイベントやステージをクリアー報酬で入手出来ます。

ここまで大盤振る舞いなゲームは他にはないので無課金でも手が出しやすい理由がここにあります。

まとめ

こちらの運営は最高レア以外も無駄にさせないというコンセプトを元に開発されたため非常にバランスの良いゲームとなっています。よって運営陣に対応、サービスが非常によくユーザーとのギクシャクとした感じもないので某有名なブラウザゲーにアプリゲーに疲れたなら一度こちらのゲームでプレイしてみてはどうでしょうか?

X-Overd(クロスオーバード)の公式サイト(無料登録)はこちら←

関連記事

2016版めっちゃ面白いスマホゲーを10選ご紹介!

女性必見!美男子に囲まれてキュンキュンしたいスマホゲーはココ←

X-Overd (クロスオーバード) は面白い?どんなゲームなのか潜入してみた感想

X-Overd (クロスオーバード)の評価レビュー

Pocket

 - 無課金

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


4 + = 七

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>