主に芸能(熱愛・結婚・離婚・アイドル)のニュース|最新のトレンド情報をお届けします!

誰ガ為のアルケミストは無課金・課金なしでも普通にプレイ出来ます

      2016/08/31

Pocket

SnapCrab_NoName_2016-8-18_8-39-44_No-00

 絶対強キャラで敵をフルボッコにしたいという方は別のゲームをしたほうがいいかもしれません。結論を先に申しますと課金は基本必要ないですし無課金でも十分渡り合えます。

タクティクスゲームと言うのは通常のRPGとは違い戦略性が高いゲームです。なので今ある手持ちの駒でどう勝利に導いていくのか、戦略を練って攻略したい方はオススメしたいです。要はガチャで★5のキャラを引いてオラオラできるぬるいゲームではないのであなたの腕次第でいくらでも強くなっていきます。

無課金・課金なしでもいける理由を簡単にまとめると?

★4から★5にできるキャラもいるのでザコキャラがあまり少ない

魂の欠片システムにより★3でも限界突破させることで普通に戦力になる

ガチャに必要な幻晶石はゲームを進めていけば普通に手に入る

ガチャをすれば割りかし良いキャラが手に入る

無課金でガチャを引くためにすることは?

レコードミッションを攻略

SnapCrab_NoName_2016-8-18_9-17-4_No-00

誰ガ為のアルケミストではレコードミッションというものがありクエストをクリアーすることで幻晶石が手に入ります。

ログインボーナス

毎日ログインするだけで幻晶石が手に入ります。月ごとに変わってきますが平均して500個以上はもらえるはずです。

コラボ

コラボ記念で手に入ることがあります。ちょくちょくコラボ記念が実装されるので無課金ユーザーとしては嬉しいですね。ちなみに今は世界樹とコラボしています。

不具合とか

通称詫び石と言われています。不具合やアクセス障害があればもらえます。

ガチャに必要な幻晶石の個数

通常であれば1回ごとに250個10回で2500個が基本となります。

しかしキャンペーンやコラボ時期だと500個で10回引けるので狙いとしてはイベントシーズンに回すことをオススメします。

ステップアップガチャもある

SnapCrab_NoName_2016-8-18_9-45-54_No-00

他にもステップアップガチャというのがありガチャ回す度に必要個数が変わってきます。

ちなみに微課金勢には嬉しいコースが

もしちょっとぐらいなら課金してもいいかなという方には月額600円支払えば幻晶石100個+スキップチケット3枚がもらえるコースが用意されています。毎日もらえるのでコツコツ貯めればガチャが引くことが容易になります。

600円ぐらいないいかなって思ってしまいますよね?後はお財布と相談ですね。

スキップチケットとは一度クリアーしてクエストをチケット消費するだけで完了してしまうアイテムです。なのですぐに報酬がもらえます。

重要な事はガチャゲーではないこと

前述でお話したようにレアキャラ=強いというわけではなくミッションに応じてパーティをカスタマイズすることによってレアキャラでもなくても十分活躍することが可能です。

ちなみに★3のアルミラというキャラは射程がどのキャラよりも最長です。遠距離から一方的に敵を攻撃できるため愛用者が多いです。

SnapCrab_NoName_2016-8-18_10-28-38_No-00

※アルミラ

まとめ|絵が綺麗で作り込みが半端無いのでぜひ一度プレイしてみてほしい

アプリゲームでやりこみ要素のあるのはこのゲームぐらいではないでしょうか?飽きさせずやればやるはどはまっていくので単調な作業に飽きてしまった方は一度プレイしてみてください。

ipad/iPhone版:基本プレイ無料|誰ガ為のアルケミストを無料ダウンロードするならこちら←

Playストア|Android版:基本プレイ無料|誰ガ為のアルケミストを無料ダウンロードするならこちら←

ちなみにもし序盤で詰まったらこちらの動画をみてみましょう↓

関連記事

誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)は面白い?評価してみた!(2週間プレイした感想)

2016版めっちゃ面白いスマホゲーを10選ご紹介!

女性必見!美男子に囲まれてキュンキュンしたいスマホゲーはココ←

Pocket

 - 課金なし

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


5 − 三 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>