主に芸能(熱愛・結婚・離婚・アイドル)のニュース|最新のトレンド情報をお届けします!

北川ひかるさんの出身高校についてまとめてみた!

      2016/03/19

Pocket

さて今回の記事は北川ひかるさんの出身高校について調査していきます。また北川さんに関する情報もあれば調べていきます。

出身高校について

まず北川ひかるさんの出身は福岡市です。そして福岡市西区姪にて長男であるお兄さんと一緒に住んでいたそうです。よって福岡市内のどこかになります

熊本の高校にいっていたか?

調べるによると北川ひかるさんは熊本県立熊本高校に入学していたとの情報がありました。

熊本県立熊本高校とは?

熊本県立熊本高校はすごくレベルが高いといわれ熊本県内ではトップに君臨するそうです。尚、偏差値を調べました所73とかなり高いことがわかりました。北川さんは頭がかなり良かったのでしょうね。

ホームページはこちらから

場所はgoogleマップで調べた所

SnapCrab_NoName_2016-3-2_10-42-41_No-00

こちらになるようですね。

予備校はどこなのか?

さて予備校はどこに通っていたのか?事件発覚当初はネットで調べました所詳しい情報はありませんでしたが現在ひょっとしたらここに通っていたのでは?噂されています。

駿台福岡校の在校生か?

どうやらTwitterによりこちらの情報が出回っているようですね。この事件が明らかになってから駿台福岡校にマスコミ殺到しとある友人が取材を受けていた所を目撃されたようです。

またTwitterにてテレビ報道の建物映像と駿台福岡の校舎の写真を並べて検証してとの情報もありますね

Twitterの情報なので本当かどうか定かではありませんがこのような情報がありました。

追記:現在は駿台福岡校と確定されているようですね

SnapCrab_NoName_2016-3-2_11-4-41_No-00

補足情報:駿台福岡校とはどんな所?

難関大学を目指すために実力派の講師陣が親身になってサポートするようですね。

場所について

SnapCrab_NoName_2016-3-2_11-13-23_No-00

 

引用元:http://www2.sundai.ac.jp/yobi/sv/sundai/scontents_P/kousya_PD/1337306173556.html

国公立大学に入学するために通っていたか?

北川さんは2015年の4月から予備校に進学し文系の難関国公立大学を勝ち取るために日々通っていたみたいです。

また今年1月の大学入試センター試験と2月25、26日の国公立大の2次試験前期日程を受けたばかりで、3月上旬の結果発表を待っていたそうです。。結果がどうなるのか気になる所ですが願うならば合格にしてあげたい・・

その他の情報

北川ひかるさんの性格について

北川さんは小さい時からとても頑張りやで自分の事よりも他人の事を優先するとても我慢強いお子さんだったそうです。

何事も自分から先に進んで行い、勉強にスポーツに人一倍努力家だそうです。わがままも言わず親兄等を大事にする優しいお子さんです。

幼いころについて

北川さんは父の影響から剣道を始め、頭の良かったら事から常に成績はトップ。中学時代は生徒会長として活動していました。ちなみに中学までは熊本県天草市で暮らしていました。

熊本高校に進学した後のエピソード

この頃の北側さんは勉強に勤しむと同時にダンスの同好会にも所属していました。人数が足りないと剣道部員に言われた際は助っ人ととして大会にも出場しています。当時の恩師は「稽古に意欲的で、剣道部員からも信頼されていた。おしとやかで控えめだったけれど、いつも明るい印象だった」そうです。

世間の反応では?

■ナイフ数本と斧だからな 計画的だよ。被害者がかわいそうだ。

被害者だけ、実名と顔写真が晒されるのは納得いかない。

こんな奴が10年くらいで出てきちゃうんだよ死刑にしてほしい

最後に

とくにトラブルもなくストーカ被害にもあっていないしとても真っ直ぐで真面目な子だけにとても残念で仕方がないですね・・ナイフ2本斧3本を所持し20箇所以上さして殺すって本当残虐な行為です・・被害者の情報はかなり公開されているのに加害者の情報は何一つわかっていない。。少年とはいえ重い罪になってほしい切実な思いです。。

Pocket

 - 犯人・出身高校

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


× 4 = 三十 六

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>