主に芸能(熱愛・結婚・離婚・アイドル)のニュース|最新のトレンド情報をお届けします!

[激太り理由は薬の影響ではない!?]堂本剛の体重について徹底調査!

      2016/02/23

Pocket

昔はさほど堂本剛さんの体重に変化はなかったのですがここ数年でやたらと太ってきた感じになってきましたよね?ネットでは激太りwwとか言っていますがきっと何か理由があるのでしょうね

さて今回にリサーチ内容はなぜ体重は太ってしまったのか、昔と現在の体重はどれぐらいかわったのか?激太りの原因についても調べていきましょう!

広告

堂本剛 体重 

全盛期だった頃の体重について

さて初々しい全盛期だった頃の剛さんはどれぐらいのだったのか?調べてみますと

51kg~53kgだったようです。身長については公式では165cmと書いてありますが166cmの可能性もあります。なぜそうなったのか気になる方は[実際は166cm!]堂本剛の身長は公式とは違った!

を参照して下さい。

ちなみに足のサイズは25.5です。

さて話を戻しますが昔はかなり痩せ型だったのかなと思われます

平均体重は割り出すと

一応計算して割り出してみます

全盛期だった18歳ぐらいから間を取って52kgで計算すると

18歳男性の平均:62.64kg

理想の体重は60.6kgとなっております。

やはり思っていた通りかなり痩せていたことになりますね。

SnapCrab_NoName_2015-10-15_16-7-55_No-00

拾い物ですが・・昔の堂本剛・・格好いいですねそして可愛い!当時ファンだった方はきっとめっちゃビデオを録画して大切に今でも保管しているに間違いない!w

■そして現在はどれぐらいまで太ったと予想されるか?

公式は昔のままの表記なのでさすがに今の状態をみると増えている気がするのでとりあえずググってみると以下の結果となりました。

堂本剛 体重

SnapCrab_NoName_2015-10-15_16-16-9_No-00

 

こちらは知恵袋で調べてみた結果なんですがMAXは約60kgぐらいだったのかな?と思われます。時代は2011年~頃からの内容となっております。他にも調べてみたましただいたい似たような答えでした。

太った画像について

さてちまたでは激太りと囁かれていますどれぐらいふっくらしてしまったのか痩せていた頃の画像と比較してみることに

昔の剛さん

昔の堂本剛 少年 画像

2011年~ぐらいからの剛さん

堂本剛 太った 画像

やはり話題となったのは

SnapCrab_NoName_2015-10-15_17-3-39_No-00

の画像ですかね。顔元がかなりふっくらしてかなり以前の剛さんとは程遠い姿となっております。

まぁこの時もファッションセンスもあるかと思われますが昔に比べると劣化したなと言われても仕方が無い気がします。ちょっとこの画像みて思ったのですがなんか体調悪そうですね・・

そしてこれがきっかけでなぜか次長課長に河本準一に似ているとかなんとか言わるしまつ

SnapCrab_NoName_2015-10-15_18-25-44_No-00

なぜここまで激太りしてしまった理由について

SnapCrab_NoName_2015-10-15_20-40-17_No-00

なぜ太ったのか?と調べてみると上記の様な理由が浮上しました。↓

■薬(副作用)の影響

■精神的なストレスによる影響

■食べ過ぎによる影響

薬について

知らない人は・・んっ?剛くんどっか具合でも悪かったの?と気になると思いますが実は剛さんはパニック障害、過換気症候群と言う病気をお持ちです。

補足|パニック障害とは?

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。
 この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。

補足|過換気症候群とは?

過換気とは、呼吸が深くかつ速くなることです。過換気により血中の二酸化炭素が排出され、血液がアルカリ性になります(呼吸性アルカローシス)。このため、しびれ、けいれん、意識混濁こんだくなどの神経・筋肉症状を示す病態です。

 大変頻度が高く、また不定愁訴ふていしゅうそとして軽く考えられる傾向がありますが、器質的な病変はないかどうか、精神的なケアの必要性はないかどうかなどの注意が必要です。後述のようにパニック障害との関係からも重要です。

初めてこの症状が発症したのはまだ10代の頃当時ドラマに主役で出演していた金田一少年の事件簿の撮影中に突如発作をおこしたことがきっかで始まります。

その後CDデビューをした頃から発作が悪化そして2000年の夏のコンサートにてまだ始まって間もない第一部の公演中に発作が発生。2003年Fコンサートでは強い発作に見まわれたそうです。wikiでは体調不良で倒れたと書いていますが、実際に当時Fコンに参加したファン曰く、コンディションが悪そうにしていたものの帽子を目深に被り多少歌やダンスはなんとか頑張っていたとか。しかし長いMCに入るとスッと剛さんの姿消えその後姿を見せることはなかったそうです。またなかなか剛さんが出ないことを苛立ったファンは光一さんに対しお前のソロコンじゃねえ、お前がはけろなどと暴言が飛び交っていたそうです。これはとても悲しいですね・・

それから公式サイト「Johnny’s web」にて過換気症候群とパニック障害になったことを発表しています。

その後病気と闘うためにずっと薬を飲み続け副作用の影響から太ったのでは?との噂が立っております。

確かにうつ病には副作用で太るまたは副作用の影響で過食なってしまう薬もいくつかあるようです。

ストレスによる影響

堂本剛の性格が悪いとの噂があるので真実を徹底調査!

の記事で詳しく書いていますが元々人前に出ることは苦手で人見知りでメンタル弱い事がわかりました。

なのでストレスを人より溜めやすくうまく放出する方法を出来なかった彼は食べる(過食)によってストレスを解放していたのではと推測されます。またストレスの影響により甲状腺機能低下症と言う病気にも陥りやすいです。

甲状腺機能低下症とは

甲状腺機能が低下してくると全身の代謝が低下するため、体のさまざまな機能が低下し ます。精神機能が低下することによって眠気、記憶障害、抑うつ、無気力を生じます。 皮膚は乾燥し、毛がぬけたり、指で押しても跡を残さないむくみを生じます。

そのため新陳代謝が低下し太りやすい体質なってしまいます。その他にもいくら食べてもお腹が空く、甘いもの欲しくなるといった症状もあります。ちなみに私もなったことがありますが何も食べていなくても体重の増加が起こったりします5kg増えました・・^^;

食べ過ぎによる影響

ストレスの話と同じなるかもしれませんがこの情報が一番太った原因かもしれません。この記事を書いているときにこんな情報を手にれました。

堂本剛 体重 太った

これが真実だとするなら薬によって太った!と言うのはガセの可能性が高いと言うことさらに調査するこんな記事を見つけました↓

SnapCrab_NoName_2015-10-15_20-43-19_No-00

引用:http://kinkikids2love.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/fashionmusic-bo.html

このブログでは2010年10月9日の「堂本剛とFashion&Music Book」のラジオを記事にしているようですが確かに発言しているのかな?とうなずけます。私もこの記事を拝見しましたが剛さんらしい気がして本当にそうしていると思います。

うつ病の薬って言わば麻薬みたいなもんですよね・・薬に頼りすぎるとそれなしでは生きていけない・・かといって自己治癒なんて難しいのでやっぱり薬に頼ってしまう。良い医師と薬に出逢えばいいけど薬漬けにされたら最悪です。

しかし剛さんも10代頃はストレスの解放仕方がわからず胃薬を定期的に飲んでいたようですね。今となっては病気との付き合い方を知っているからこそ出来る治療法なんでしょうね。

最後に

私も昔はうつ病、経験者です。薬がないと生きていけませんがでしたが今では剛さんと同じで病気の付き合い方を知り生きています。風邪とは違って完治ってないので普通に再発するのが恐いところです。しかし一度攻略的なものがわかれば精神を安定させることはそう難しくありません。

後こちらの動画では

パニック障害だった頃をラジオで語っていますが。このラジオを聞いて救われた方はいるのではないでしょうか?

ちなみに

こちらではアイドルとしての苦悩を語っています※20分くらいから

 これからも応援しています!!

広告

広告

関連記事

[実際は166cm!]堂本剛の身長は公式とは違った!

堂本剛の性格が悪いとの噂があるので真実を徹底調査!

[菊池亜希子と結婚か!?]堂本剛の結婚について徹底調査!

Pocket

 - 身長・体重 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


三 − 2 =

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>