主に芸能(熱愛・結婚・離婚・アイドル)のニュース|最新のトレンド情報をお届けします!

【最新版】セルライト 論文についてわかりやすく調べてみた!

   

Pocket

SnapCrab_NoName_2019-11-29_12-31-20_No-00

※こちらの記事はに更新しました。

質問箱からお問い合わせがあったのでリクエストとして記事に書いていこうかと思います。

質問内容

本人了承済み

こんばんは、私は太ももやお尻の周辺にセルライトが出来ており人様に見せたくないほど不格好な体になっているので近々セルライトを消そうかと思っています。

しかしネットでみると激しい運動は良くないとかエステにいかないとダメとか色々な情報があってどれが一番正しいのか判断が出来ません。

そこでセルライトの論文があればそれを参考にして今後どうやれば治せるのかがはっきりとわかると思うのでその調査をお願いします。

セルライト 論文の回答記事内容

まず論文については大元は発見できなかったもののその論文に関する記事を抜粋していた文章があったのでそれをわかりやすく伝えていこうかと思います。

結論については機械などを通して、施術をすると多く方で改善効果があったように見受けられます。

※論文内容に関しては下記の記事から抜粋したものだと思います

Luebberdingら、2015年、Romeroら、2008年、Sadick、2009年、SadickおよびMagro、2007年、SadickおよびMulholland、2004、Wanitphakdeedechaら、2017

RF装置無線周波数VelaSmoothシステムで患者の70%がセルライトの改善があったそうです。

SnapCrab_NoName_2019-11-29_13-55-41_No-00

RF装置は電極を介して真皮/皮下平面に熱エネルギーを供給します。
標的領域の組織温度を上昇させることによって、コラーゲン変性、リモデリングおよび新形成が刺激されるが、脂肪分解も引き起こされるため、セルライト除去に使用されています。

これら最新世代のRF装置が研究され、セルライトの出現を減少させるために臨床試験において有効であることが示されています。

セルライトを持つ16人の被験者がVelaSmoothシステムで6週間、週2回6週間治療されたSadick and Magro(2007)による研究では、 50%を超える被験者で大腿部円周が71.87%減少し、セルライトが25%改善した。 また別の研究では、セルライトを有する35人の女性被験者がVelaSmooth装置を用いて週に2回8〜16回の治療を受けた別の研究では、患者の70%が4週間の治療後に大腿周囲の縮小を示し、100%の患者がある程度の改善を示した。

RF装置無線周波数VelaSmoothシステムといういのはセルライトを改善させる機会(マシン)があると思っていください。

また調べによるとRF装置無線周波数VelaSmoothシステムはキャビテーションと言う製品タイプに導入されていることが多いようです。

 

 

ちなみにキャビテーションを導入されているエステで大手だと

 

■パーフェクトライン

■ヴィトゥレ

■シーズラボ

 

が該当します。

自宅でも気軽にキャビテーションでセルライト除去をしたいならボニックプロ製品がいいかと思います

もし興味があるなら無料カウンセリングを受けるかボニックプロを買ってみることで検討してみもいいと思います。

 

 

■パーフェクトラインの公式サイトはこちら← ■ヴィトゥレの公式サイトはこちら← ■「シーズラボ」の公式サイトはこちら← ■ボニックProの公式サイトはこちら←

 

サプリでのセルライトの効果について

SnapCrab_NoName_2019-11-29_13-56-44_No-00

マッサージとサプリで改善する方法は初期段階での試みだったようで、これらのデータはいくつか研究者や専門家によって、評価されていましたが研究の調査は小規模であり長期の試験ではなかったのでセルライトのよる改善はいまいちと言う結果だそうです。

ただ一部の皮膚に関してゆるみやたるみを現象させる改善があったそうですが広範囲にわたる脂肪には効果がなかったそうです。

 

このことからサプリを併用しながらマッサージをしても個人差といって具合でいまいち効果が期待出来ないと思うのでやはり機械を通して治療を専念したほうが無駄な時間を費やす必要がなさそうです。

レーザー治療

SnapCrab_NoName_2019-11-29_13-57-10_No-00

57人の患者が1440 nmのNd:YAGレーザーを側面照射ファイバーと温度感知カニューレで用いて3段階セルライト治療を受けた多施設臨床試験では、平均改善スコアはディンプルで1.7、輪郭不規則性で1.1であった。 6ヶ月の追跡調査で。6点満点で平均満足度スコアは医師が5.6、患者が5.3でした。 治療成果は患者にとって十分に許容されたものと報告されています。

 

レーザー治療ではキャビテーションとは比較的早い段階から効果が得らえるため短期間でちゃちゃっと終わらしたい方にはオススメかと思います。

ただしレーザーだと痛いそうなのでキャビテーションであれば痛くないみたいです。

ちなみにレーザー治療でセルライト除去をするのであれば湘南美容外科が人気が高いです。

美容系全体の実績数になりますがおおよそ994,061件あるみたいです。

超音波療法

SnapCrab_NoName_2019-11-29_13-57-39_No-00

15人の個人におけるESWTの有効性を評価し、そして4週間の間に8つのセッションが行われました。 ESWTは治療3か月後にセルライトの出現と同様に体の輪郭の改善(すなわち、円周と脂肪層の減少)に有効であると結論を下しました。 また最近6週間にわたって12のセッションを受けた30人の女性のセルライトの治療におけるESWTの有効性を評価しました。 治療は、最後の治療セッション(重度のセルライトを有する対象:60%〜38%)の12週間後まで、セルライトの重症度をベースラインから減少させ、皮下脂肪組織の平均厚さは減少した。 (28.3±6.5mm〜26.7±6.1mm; 2。p<.001) この治療によって患者の生活の質も向上し、重大な有害事象は報告されませんでした

ESWTは(低出力体外衝撃波治療)の略であり元々は尿路結石や前立腺の治療で行われたいたみたいですが、最近ではセルライト用に開発されているようです。

ESWT治療はまだ日本にはなじみがないようで渋谷スキンクリニックや東京美容皮膚科クリニックしかみたいないので治療出来る範囲が限られているので何点ですね。

細分化

セルライトの治療のために手動のサブシジョンもまた評価されています。 この手順の間、局所麻酔薬(リドカインを含む血管収縮薬)で麻痺させ、 針(18 G)を皮膚の下に挿入し、そして扇形のテクニックを用いてセルライトの繊維紐を解放する。 有効ではあるが、この治療の主な欠点は、浮腫、不快感、痛み、およびあざを含む副作用である。(Hexcel and Mazzuco、2000) 昨今、新規の組織安定化誘導補助(TS − GS)システム(Cellfina System;ノースカロライナ州ローリーのMerz North America、Inc。)が開発され、成人女性の臀部および大腿部におけるセルライトの改善についてFDAが承認した。 Cellfinaの伝統的な針による手動切開術に対する利点は、治療の深さと組織の面積(線維性中隔)の正確な制御、そして独自の真空補助設計です。 Cellfinaは多施設臨床試験でセルライトを改善することが示されており、その結果は3年を超えて持続しています。(Kaminer et al。、2017) 最新の臨床試験では、TS-GSシステムを使用して1回の治療を受けた後、 45人の被験者が3年間までの長期間追跡されました。 この試験の結果は、TS-GSに続くセルライトの出現の長期的な減少が見られています。

体内にハリを挿入するので傷ができたり上記の通り副作用があるので頂けないと思います。

せっかくセルライトを治したのにハリ治療の跡が残れば本末転倒ですからね。

ちなみにキャビテーションやレーザー治療や超音波といってものが体にハリと言った医療器具を使用しないようですね。

まとめ

セルライト 論文について調べてみましたが完全に除去をするといった方法は論文には掲載されていませんでした。

しかし臨床試験結果では効果が期待できる部分もありますがあくまで減少させると効果はあると言ったところです。

そもそもセルライトの原因は肥満による脂肪が根本なので日々の食生活を気を気をつけて適度に運動をすれば予防につながるかと思います。

ただすでにセルライトになってしまった方は今の技術で一度試してみる価値はあるかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

■パーフェクトラインの公式サイトはこちら←■ヴィトゥレの公式サイトはこちら←■「シーズラボ」の公式サイトはこちら←■ボニックProの公式サイトはこちら←

Pocket

 - セルライト論文

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


6 × = 十二

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>